おばさんなのかおっさんなのか

2017/09/08(金)2  政治は感性ではなく知性で語るべきだが…
感性は豊かなほ~がE~!
昔はオッサン今おばちゃん
安冨歩
ワシは,正直,センスが良くない.感性がニブい.\( 皆知ってる )/
日本人だから,ひと様の気持ちを察することは出来るが,(繊細だという)「オンナの気持ち」な~んてのは全く分からない.

ところが! 「オトコの気持ち」も「オンナの気持ち」も,感覚的,感性的に全て知り抜いている!鼠~学者がゐる.

その学者の名前は,安冨 歩(やすとみ あゆみ)サン.
テレビでお馴染みの「おばちゃん」だ.

この「おばちゃん」は,ゲイでもなく,ホモでもなく,ニューハーフでもなく,女装趣味のオッサンでもなく,オカマでもなく,オナベでも,同性愛者でもない.

じゃあ何なんだ? 鼠~と…,『トランスジェンダーのレズビアン』なんだそ~だ.

よ~するに安冨 歩サンは,身体の性と心の性が一致しないのだが,外科的手術で女性になることは望まないという男性で,かつ「レズビアン」ってのは,一体ど~なってるんだか? ワシは感性がニブいので,分からない.

安冨 歩サンは,『東大話法』ってゆ~言葉を発明(造語)したヒトで…,豊かな感性でもって,社会現象をズバリ!と言い当てるセンスは,ほんと,天才的だ.

ただし,個人的な感性・感覚・感情でもって「政治」を語ると,大きく間違うっことが多いのだが,やはり,安冨 歩サンが語る「政治」は,肝心のところが見えてない.

ワシの場合は,個人的な感性・感覚・感情がゼロではないが,「政治的な事実」を,徹底してリアリスティック(現実的)に分析して語るヤリ方だ.

そ~やって書いたワシの政治論が,下の9本の文章だ. 普通は,ほとんど同じテーマでこんなに書いたら,飽きられてしまうのだが,今回はアクセス数が異常に多くなって,しかも増える一方なのだ.

これは一体どういうことなのか?

たぶん…
北朝鮮をめぐる今回の異常に緊張した状況・情勢の先に,「大凶」の心配もあるが,「大吉」も垣間見える!という,複雑な思いで皆さん悩んでおられるのだと思う.

だっからワシも,同じようなテーマで書きまくっているワケだが…
安冨 歩サンのような豊かな感性がないので…,悩むときもある.

いっそ,あたし,一回ぐらい,お化粧して,女装してみよ~かな?

けっこう色気のあるお婆ちゃんに化身・変身できる!…鴨寝
(爆)
飯山 一郎 (71)

昔は美少女 今おっさん

なーんて人もわんさかいる

らしいが(爆w)



ちなみに
プーチンとあべちゃんも
ラブラブです(爆www)

↓スプートニクが遊んでます。





コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか