笹井芳樹 命日2014年8月5日



更新

【理研・笹井氏自殺】
「マスコミからの不当なバッシング、理研やラボへの責任から疲れ切ってしまった」遺族が遺書とコメントを公表

 STAP細胞論文の共同著者で、5日に自殺した理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の笹井芳樹副センター長(52)の遺族は12日、代理人弁護士を通じて遺書の概要を公表した。

 記者会見した中村和洋弁護士は、妻と実兄にあてた2通の遺書が自宅に残され、「今までありがとう、という感謝の言葉と、先立つことについて申し訳ない、というおわびの言葉が記されていた」と説明。自殺の理由には「マスコミ等からの不当なバッシング、理研やラボ(研究室)への責任から、疲れ切ってしまった」とする趣旨の記述があった。理研の小保方晴子氏(30)への言及はなかったという。

http://www.sankei.com/west/news/140812/wst1408120058-n1.html



2017.2.14 07:49
BPOが問う報道姿勢…現場に広がる困惑 Nスペ「人権侵害」 選挙報道にも注文

 放送倫理・番組向上機構(BPO)の動向に注目が集まっている。10日に理化学研究所の元研究員、小保方晴子氏らによるSTAP細胞の論文不正問題を特集したNHKの番組を「人権侵害」と断じ、7日には選挙報道のあり方にも注文を付けた。ともに報道の姿勢を問う踏み込んだ決定で、放送界に疑問を投げかけた。番組制作の現場には困惑も広がっている。(放送取材班

http://www.sankei.com/entertainments/news/170214/ent1702140006-n1.html






遺伝子組み換えバイオ兵器は
2010年石油系薬品特許切れ問題後の
天文学的な巨大産業利権なわけです。

遺伝子組み換え技術抜きで
正常細胞が自然にわさわさ増えるなんて
あってはならない事なのです。

遺伝子組み換えウィルス
遺伝子組み換え蛾の汁子宮頸がんワクチン
遺伝子組み換え人間細胞
遺伝子組み換え野菜

すきねーーー
遺伝子組み換えってどうってやるか
いってみろよ

大腸菌に遺伝子組み換えウィルス繁殖させて
吐きだした「汁」を薬にしたのが
インシュリンとか

貴方はそんなもの
注射されたいですか?

食べたいですか?
飲みたいですか?
塗りたいですか?
吸いたいですか?

あの辻褄の合わない異常な騒動が何だったのか

みなさん、今一度、冷静になって考えてみてください。




コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか