遺伝子組み換え生物兵器戦争

2017/07/29(土)2  安倍晋三の政治は戦後最大の闘争だ!
負けたら…,昔に戻る
網と緑は昔に戻したくて安倍ツブシに必死!
Armitage
PoliticalBattle 「政治の本質」は“闘争”だ.“殺し合い”だ!
いま,米国ネオコン戦争屋や,安倍に人事権を奪われた高給官僚による必死の安倍ツブシは,“死の臭い”を嗅ぎたいハイエナ並みだ.
愚かな「識者」は,ネオコンや官僚の手羽先だ.
  • 「政治」は,「好き嫌い」や「善悪」を基準に語ると,誤る!
  • では,一体どんな基準で政治を語れば誤らないのか?
  • ズバリ言おう.
  • 先ずは「敵か?味方か?」これを基準にしてして語るべし!
  • 例題をあげて説明しよう.
  • アーミテージら戦争屋を切ってトランプ大統領と組んだ安倍総理は,アーミテージやマイケル・グリーンから見れば,憎き敵!
  • だから,アーミテージやマイケル・グリーンら戦争屋は,在日のスタッフ(朝日新聞や反安倍の民進党や安倍憎しの知識人ら)を使って,「安倍ツブし」に必死なのだ.
  • 現在,安倍内閣をツブすために,懸命に煽っている(=デッチ上げている)のが,『加計疑惑』に『内閣支持率』.
  • こういった権力政治の力関係=殺し合いの関係を知らずに…,善悪感情だけで,「安倍晋三は悪い!早く辞めろ!」と騒いでいる連中は,アーミテージやマイケル・グリーンや,官僚支配を取り戻したい高級官僚たちに加勢していることになる!
  • 呑気に「安倍晋三は悪い!早く辞めろ!」などと騷ぎまくっている脳天気には,「大馬鹿野郎!」とワシは断定し,罵倒しておく.
  • 「政治」を語るとはこれほど凄まじいものなのだ.
  • そういった凄まじい“殺し合いの権力闘争”に,今回,安倍陣営は,「一敗地にまみれた」.それが稲田防衛大臣の辞任だ.
  • 防衛大臣を辞任する理由など全くないのに,突然辞めた….
  • 死臭を想起させるような“脅し”があったからだろう.
  • 稲田朋美は,追い込まれた挙句…,辞めたのだ.
  • 飯山 一郎(71)





子宮頸がんワクチンは
遺伝子組み換え昆虫ワクチンです。

遺伝子組み換え野菜は
毒吐き植物です。

iPSは遺伝子組み換えヒト細胞です。

あなたは
注射されたれたいですか?
食べたいですか?


ハード面、ミサイル、戦闘機、護衛艦、空母では
ロシアにも中国にもボロマケ。
勝ちようがないのだ。

奴らは黒船にコレラ患者を積んで持ってきたように
昔から狙った地域に病原体を撒いてきた。

やり口かわらないやつら。

バイオハザードな連中なのだ。
元々。

悪口雑言

あいつらは品性のかけらもないし
根拠も合理性も理論も理性もない。

辻褄あわなくてもへの河童。


バイオ戦争に持ち込みたい気まんまーーーん。


させてたまるか
おとといきやがれ!!!

ってんだ。



コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか