同志 VS 恫喝

2017/07/26(水)  日米共にネオコンの猛攻撃に遭っているが…
親分を守れないティラーソン
事業家のティラーソンは政治が分からない?
Tillerson2
SPUTNIK
CNN、ティラーソン国務長官辞任の可能性を報じる
『スプートニク』 2017年07月25日 https://sptnkne.ws/eYAG
ティラーソン米国務長官が、トランプ大統領との意見の相違のため辞任する可能性がある。CNNがティラーソン氏に近い情報筋の話として報じた。 (全文を読む)
  • トランプと安倍晋三の共通点は,米国ネオコン戦争屋(軍産勢力)が主導してきた政治を,根底から構造的に変える!という政治的な執念である.
  • 「このような政治家は許せない!」と,米国ネオコン戦争屋(軍産勢力)は,米国では「ロシアゲート疑惑」,日本では「森友・加計疑惑」をデッチ上げ,マスコミを総動員して,正当な選挙で選ばれた時の政権をツブそう!と躍起.
  • 日本も米国も現在の基本的な政治状況の構図は,同じ!
  • 時の政権が,戦争屋ネオコン側からの凄まじい猛攻撃を必死で防御している!という構図だ. 日本は「官僚の叛乱」もある.
  • 「官僚の叛乱」とは,安倍政権に既得権益と利権を奪われた官僚側の反乱だ.
  • 利権を握って天下りし放題だった高給取りの官僚側は,「官僚支配」の政治を奪い返そうと安倍ツブシに必死なのだ.
  • つまり,現在の日本の政治状況は,官僚支配を突き崩そうとする安倍政権と官僚との凄まじい政治闘争の最中なのだ.
  • こんな簡単な構図が分からないまま…,安倍が好きの嫌いの,善いの悪いのばかり言ってるネット識者は,マキャベリとマックス・ウェーバーの政治学を基本から勉強しなさい!

ティラーソン国務長官(外務大臣)は,なんかトランプ親分を見放そうとしているみたいだが…
ニッポンの岸田文雄外務大臣は,親分を徹底的に擁護する姿勢を明確にしている
自民党岸田派(宏池会)を率いる岸田文雄外相は22日午前,8月3日にも予定する内閣改造・党役員人事について,「一致結束してしっかりと政権を支えるべく努力をしなければならない」と述べ,同派として協力する考えを強調した.
自らの去就については「安倍晋三首相の判断だ。判断を待ちたい」と述べるにとどめた。
(記事)
岸田文雄.誠の政治家(国士,StatesMan)である
飯山 一郎 (71)

ネオコンは恫喝繋がり
反ネオコンは同志繋がり


恫喝には「金」がいる。

が、プーチン、習近平、あべちゃんは
たぐいまれなる「マネーセンス」で
ネオコンの資金源を断っていってる。

国を動かす「国士」とは
公私混同はしないのだ。

よりよい国造りのために
広島の男岸田は
がんばっとるんぢゃぁーーー


コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか