マスゴミの正体とTwitter





フェイクニュースがなぜつくられ、世の中で流通するのかつぶさに調べた衝撃のリポートが6月13日に発表された。

 発表したのは、セキュリティー企業のトレンドマイクロ。リポートでは、フェイクニュースを政治プロパガンダ目的で利用する場合に必要なコストが、様々なデータとともに示されている。

 実は、フェイクニュースを使った政治プロパガンダは簡単に行える。そういう工作を請け負う専門業者が世界中にたくさん存在するからだ。例えば、中国のコンテンツマーケティング企業「ジージバング(Xiezuobang)」に800語のでっちあげニュースを書かせたければ、わずか30ドル(約3300円)でOK。

 ロシアにあるソーシャルメディア最適化企業「SMOサービス」に依頼すれば、621ドル(約6万9千円)でユーチューブのメインページに2分間の映像を登録できる。投稿した映像に「サクラ」によるコメントを100個つけるのは、2.6ドル(約290円)というから驚きだ。

 発信する情報に注目を集めることもお安い御用。英語を主言語とするフォロワー販売企業「クイック・フォロー・ナウ」に依頼すればいい。2500人のツイッター・フォロワーに特定のリンクをリツイートさせるのは、わずか25ドル(約2780円)で可能だ。


1リツイートのお値段
たったの一円!!!w



みんなーーー
マスゴミが悪しき営利業者だって
とっくに知ってたよねーーーwww

何を今さら

今までもずっと「嘘まみれ」だったじゃんw

自分たちの手の内明かされて
慌てふためいて
自分たちはちがいますーーーって
うこっけいな言い訳かまされても・・・(爆w)









ガン細胞IPSの1100億円より
大嘘付きの
350億円の凍土壁より

加計の29億円が
気になってしょうがないマスゴミは
ネオコンブラック企業の下請け

「僕たち本職バカッター」って
カミングアウトしておけばいいと

思いませんか
みなさーーーん?!www


コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか