安倍の場外ホームラン

2017/06/09(金)  いま,徹底的に考えるべきは 日本の未来だ!
日本の未来が見える(1)
情けない話だが…昨年2月のこと
許可
SPUTNIK
谷内国家安全保障局長 米国に安倍首相の訪ロについて説明へ
『スプートニク』 2016年02月25日 http://sptnkne.ws/aGQW
日本政府は、国家安全保障局の谷内局長を米国へ派遣し、現在調整が進められている安倍首相のロシア非公式訪問に関連する日本の立場を説明する意向。
昨年の2月,ワシは情けないタイトルの記事を書いた.
タイトル: 「アメリカ様,ロシアと交際してもE~ですか?」
サブタイトル: ~属国・属領の悲しさ~ 
(記事)

実際,昨年の春の安倍首相の訪露に関して,日本政府は,米国政府に「お伺い」と「お願い」を立て続けた.

それでも,昨年の伊勢サミット前に,「米国による凄まじい圧力で…,安倍総理の訪露中止!」となった.(記事)

しかし安倍首相は,死にもの狂いの凄まじい執念で,命懸けで訪露し…,あの歴史的な『ソチ会談』(5月6日)が実現する.

そして,6月になると,ロシア側から『ロシアがフクイチ鎮圧に関して明確なサイン』が出てくる! (記事)

この流れは日本にとって,まさしく 『起死回生』(きしかいせい)の逆転満塁ホームランなのだが,いまだに誰も気づかない….

【注】 「起死回生」とは,滅びかっていたものを生き返らせること.
    絶望的な状態から盛り返すこと.

ただいま現在の安倍首相は,誰に気兼ねもせずに,フリーハンドで,自由気ままにロシアと付き合っている….

「これって,ど~ゆ~こと?」 「いったい何があったの?」
こ~ゆ~当たり前の疑問をほとんどの日本人は,持たない. 「これからの日本は,いったい,ど~ゆ~ことになるの?」
こ~ゆ~質問すら,ほとんどの日本人は,しない.

でも,いま,徹底的に考えるべきは,日本の未来のことだ! と,ワシは切実に思う.だから,ワシは考えてゆく.
そして,それを,明日から 『てげてげ』に書く.
読んで猪~大寝!>皆の衆
飯山 一郎 (71)

ダメリカ様が
気を抜いた瞬間

あべちゃんは
場外ホームランを打ちました。

ダメリカ軍は
八百長試合を
ヘタレヌッポンに
強いてきたのに。

おかんむりのダメリカ様

そこへロシア軍のオーナーが

ロシアリーグから
ヘッドハンティング

日本はもう
ダメリカリーグに
ばいばいきーーーん



コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか