日本蜜蜂を悪から守れ!



人類を虐殺し続けた
ブレジンスキーとネオコンに支配され続けた
放射能と農薬まみれの植民地日本




蜂は危険、死ぬーと大騒ぎ
日本蜜蜂の分蜂を殺虫剤で虐殺する
警視庁の映像はココ↓

http://www.news24.jp/articles/2016/05/11/07329885.html









分蜂(巣分れ)時期・分蜂群

都内では、4月・5月がニホンミツバチの分蜂(巣分れ)時期です。ミツバチが大群(分蜂群)で新たな場所をもとめて移動するため、飛んでいるものを目撃・発見した通行人や住人などが、驚いて役所などに相談することがあります。

分蜂群はおとなしい

分蜂中に一時的に樹木や壁などに群がる(休憩?)ことがあります。

分蜂群は特におとなしいので、手でつぶそうとしたり、握ったりしない限り、決して刺しません

あわてて殺虫剤をかけない

分蜂時期や外敵に襲われ逃げたミツバチが、新しい営巣場所を求めて、一時的に木の枝や壁などに群がりつつある場合、殺虫剤をかけないでください。ハチがさらに興奮して乱舞し、大変な状況になってしまいます。

移動直後は乱舞していても、何もしなければ、30分から1時間くらいで、しだいにおとなしくなり、写真1のようにかたまりになります。また、その場所が気にいらなければ、数時間から数日で移動してしまいます

(人が大勢通行する場所では、すぐ移動する場合が多いようです)。

一週間以上そこに留まっているようでしたら、巣の場所として気に入ったのかもしれません。最もよい方法はそのまま飼っていただくことです。


豊島区 ミツバチ
http://www.city.toshima.lg.jp/214/kurashi/ese/nezumitomushi/gaichu/hachi/001734.html


ミツバチと上手につき合おう(神戸市役所)

ミツバチは非常におとなしいハチです。
台所、風呂場、玄関など、日常生活に支障のある場所に群がったり、天井裏に巣づくりをしたときなど、駆除をしなければやむを得ない場合以外は、そっと見守ってあげるようにしましょう。


http://www.city.kobe.lg.jp/life/health/hygiene/life/mitsubachi.html

オマケ

蜂が持つ毒を使ってガンすら治す? 蜂針療法

研究で使われた蜂は「ブラジルに生息するアシナガバチ」なのですが、この蜂が持つ毒は「健康な細胞とガン細胞を見分けて、的確に攻撃することが可能」ということがわかりました。
蜂が持つ毒を使ってガンすら治す? 蜂針療法

続きを読む↓
www.el-aura.com/vercome-the-cancer20160201/

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか