ダメリカは移民奴隷総合商社


2017/05/17(水)  日中,急速に接近中.何かが起こる?
親中の総理は皆クビだった…
習主席も日中関係改善に意欲示す.双方前向き.
日中急速接近
  • 二階氏は16日,安倍首相の親書を手渡し,習氏を含めた中国要人の訪日を要請した (記事).それが上の写真.
  • 日中両国は,じつは,過去50年間,友好な関係だった.
  • しかし,民主党政権が尖閣沖で中国漁船を拿捕してから急速に悪化した.これは米国ネオコンと前原誠司の策略だった.
  • 昔から米国ネオコン(戦争屋)は日中友好を嫌い…,たとえば親中の田中角栄は殺されたも同然だった.
  • 小沢・鳩山以降の民主党政権は,米国ネオコン(戦争屋)に忠実な傀儡政権だった.そ~して日本をボロボロにした.(記事)
  • 安倍政権の使命は,民主党政権時代にボロボロになった日本を修復すること!
  • このことを個人感情(好き嫌い)を捨てて,見守って欲しい.
  • 実際に安倍晋三は,❶総理官邸からゴロツキ戦争屋を追放し ❷プーチンと『フクイチ鎮圧』を協定した.この二つの事実だけは,「好き嫌い」を別にしてキチンと認識して欲しい.
  • そして今,安倍政権は,悪化した日中関係の改善に取り組んでいる.これも「中国嫌い」の方々は,氣に食わないだろう.
  • しかし日本という国は,世界各国,そして近隣諸国との友好関係があってこそ,豊かになれるのだ.
  • 尖閣紛争の時,マスコミは日本人の嫌中感情を煽って,「中国嫌い」を激増させた.
  • これは米国戦争屋がマスコミにヤラせた洗脳工作だった.
  • ところで,ワシたちは,人生,何のために生きている?
  • 家族と友達と,何よりも子供たち,孫たちのために!だろ?
  • だったら,次世代の日本人のために,この国を良くしよ~!
  • そ~思って,ワシは,今を生きている.
飯山 一郎 (71)

2017/05/17(水)2  「国のまとまり方」で世界情勢を読むべし!
日・中・露は 国家体制盤石!
アメリカは国家ではない単なる「合衆体」だ
米国は内戦状態
SPUTNIK
米国は「銃を持たない内戦」の真っ只中=元FBI職員
『スプートニク』 2017年05月17日 https://sptnkne.ws/exJ4
インデペンデント紙アイルランド版が元FBI分析官の話として、米国はトランプ政権のもとで「銃を持たない内戦」の真っ只中にあると報じた。

分析官のジャナ・モンローさんは、コミー元FBI長官がトランプ大統領により解任された後、「今までに見たことがない」程度にまで「2分極化」していると述べた。 (全文を読む)

  • アメリカが内戦状態にあることをワシが指摘したのは,3年半も前のことだ.(記事) 今は,さらにヒドくなっているようだ.
  • 国家とは,①国を統治する政府があり ②政府のトップに指導者がいて ③ひとつに纏(まと)まっている.これで成り立つ.
  • ところが今のアメリカは ①政府組織が出来てない ②大統領はいるがブレまくり ③国内は内戦状態.つまり,国家ではない.
  • ところで現在,世界の大国のなかで,国家体制が1つの統治体として良く纏まっている国は,ロシア・中国・日本の三カ国.
  • なかでも日本国の国家体制は,じつは,世界一なのだ.
  • 「信じられない!」 と言うシトもゐるだろうが…
  • 安倍政権は,国会の絶対多数を占め,外務省・財務相という主要官庁を支配下に置き,閣内には麻生・岸田・二階・高村・菅・世耕という大番頭がいて理想的なチームワーク.
  • さらに,外交・諜報・治安(公安)も,歴代内閣最強!
  • 選挙にも強く,内閣支持率もネオコン日経発表は60%
  • しかも ①総理官邸からゴロツキ戦争屋を追放し ②プーチンと『フクイチ鎮圧』を協定した.この2つだけでも「救国の英雄」なんだけど…,「安倍憎し!」のシトはサパ~リ理解できない.
  • そんなことより,きょうの結論!
  • ニッポンは,国家的には世界一! あらびき茶 も世界一!
  • おっと,宣伝が過ぎたwww
  • 本当の結論は,何よりも先ずは健康だぞ!>皆の衆
飯山 一郎 (71)

ダメリカはずっと内乱

テロリストコロンブスが
アメリカ大陸に押込み強盗して以来
ずーーーっとそう

不自由の女神が
奴隷を見下す開放型収容所

そんな植民地の
無条件降伏の属国が日本だった

やれやれ

やっと日本も独立の第一歩へ

あべちゃん、
がんばれーーー!!!

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか