民家襲撃テロリスト ダメリカ









米国はシリア政権転覆のためなんでもする、モラルはない=アサド大統領

シリアのアサド大統領はスプートニクのインタビューに対して、米国はシリア政権転覆と「傀儡政権」設置のためにはなんでもすると述べた。

アサド大統領によると、米国のシリアでの目的は同国の不安定化。

アサド大統領は、「彼らの目的は政府を転覆させ、代わりに自身の傀儡を置くことだ。そのため、目的が方法を正当化させるために彼らはなんでも行う。価値観もモラルもない。あらゆることが起こりかねない」と述べた。

米国とその同盟国は、シリア紛争の解決はアサド氏が大統領ポストにある限り不可能だと一度ならず繰り返している。ロシアは一方、シリアで平和を達成する唯一の方法は、ジュネーブとアスタナでのシリア問題の解決に関する協議を継続することだと述べた。

https://jp.sputniknews.com/politics/201704223562194/



ダメリカはテロリストと
闘った事なんて
一度もないよ

だってテロリストは
ダメリカの仕込だから

今度はどこに「自作自演の毒ガス散布」
するのかな?

いい加減、見え透いてるのに
植民地ヌッポンの抵抗勢力は
すっとぼけてるね

共謀罪で取り締まられるのが
怖くてしょうがないテロリストポチたち


コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか