古事記・日本書紀は、中国大陸史

2017/03/21(火)  飯山一郎の老後の設計,大幅に狂う!
朝から深夜まで読書の日々
この大著の読了まで3年はかかる



















1200頁,前頁細字で2段組.『日本書紀』は百済の歴史書,『百済書紀』である!という飯山一郎説に近いが…,本書は,資料も論理も考察の深さも完璧!飯山一郎,脱帽である.本書を熟読,読了まで何年かかるやら….飯山一郎,老後の設計が大幅に狂ってしまったww

   本書の本文より
切り口

「大化の改新」も架空の物語だ! モデルは新羅の「毘曇(ヒドン)の乱」.

「壬申の乱」は架空の物語! モデルは百済の「公州・熊津都督府の叛乱」.
えらいコトだ.
『日本書紀』は,日本の歴史書ではない!
百済や新羅の歴史を書いた『百済書紀』だ!
などなど…
今までの古代史の常識を覆す膨大な資料や証拠を載せ,目が醒めるような新しい史観を次々に提示する圧巻!
なんと,1200ページ!
古代日本の歴史は,『日本書紀』と『古事記』にしか書いてないのだが…
その歴史が,じつは,百済国や新羅国,伽耶国の歴史を下地にした架空のお話だった!
魔坂! そんな馬鹿な!
しかし,膨大な資料・証拠を元にして得々順々と開陳されると,最後は,なるほど!納得.
いままで…
『日本書紀』が日本古代の歴史書であると信じ込んで古代史を語ってきた日本の知識人.
アナタが語る日本古代史ってのは…,じつは,百済や新羅の歴史なんですよ!
ワシもこ~言われないように,今後の3年間は,本書を読みふける!
老後の予定が狂ったが…,読むっきゃない!

飯山 一郎(71)




逆立ちすれば答えがわかる かも?




コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか