滅びる前に 知っておこう

2017/03/09(木)  響堂雪乃の本がベストセラー 現在 在庫なし!
入荷は今月24日 (´,_ゝ`)
響堂雪乃本
響堂雪乃の新著,『ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ』(白馬社)がベストセラー入り!
バカ売れなのだ.ところが!
初版の3倍を上回る注文が殺到!
アッ!という間に在庫がなくなり…,重版の印刷が追いつかず,次回のアマゾン入荷は…,
今月24日(2週間以上も先)なんだ,とさ.(´,_ゝ`)
 こんな小さな写真しか載せられないのは,今は,でっかい写真を使っての宣伝が出来ないから…,申し訳ないです.

そもそも…,
白馬社の西村社長に響堂雪乃氏を紹介したのはワシなんだが…
そして,この二人は思想的には,コトのほか柔軟なんだが…
しかし,ヤルことは固い.石屋のオヤジが石を削るような感じ.
つーか 「石橋を叩いて渡らない!」という慎重居士なのだwww

『ニホンという滅び行く国に生まれた若い君たちへ』は,文章が柔らかくなって…,今までの響堂雪乃の文章とは様変わり.

しかも,世界的にも最高水準にある響堂雪乃の思想と哲学が,今回は,実践面における行動可能な提案が満載!

だっからワシは 「世界と日本の真相の全てが分かる!必読!」と…,4日前に自信をもって推薦したワケ. (その記事)

しっかし在庫切れではど~しよ~もない.
書いそびれた方は…
どうか,どうぞ,24日まで待ってやって下さい>皆の衆
飯山 一郎(71)


 


フクイチは毎日モクモクで
ホットパーティクル(放射能のチリ)どころか
もっと小さな汚染放射性水蒸気が
飛び散りまくってる日本列島

終わるんだよね

だがしかし、日本で
アジア分断ネオコンポチ利権を
つかんでいる人たちは
絶対にそれを認めたくない発狂状態だし
一般市民はやつらの人質

人質であることに気が付かない国民

子供を道連れ

ていうか、生贄

まあ、どっちにしろ滅びるわけだ

何とか救える命があるならば
どう、海外に移住させるか

ベストポジション、移住者が難民ではなく
勝者として雄飛できるように
安倍達は動いている

日本はどういう植民地であったのか
日本の現近代史を
子供にもわかる言葉でつづった
エッセーである

雄飛した日本の子孫が
100年後
「日本てさぁー」と話せるように。

とりあえず、読め!w



コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか