フクシマ 180キロ圏内とは

180キロ圏内を円で描いてみた

 

半年で石棺で覆われたチェルノブイリ むき出しのままモクモクのフクイチ

【教訓】0.28μSv以上の村が全て廃村に 。チェルノブイリから180キロ圏内のほとんどの村が消えた

2012-07-13 13:33:05 | 未分類

【ベラルーシの教訓】

チェルノブイリ事故後、

0.28マイクロシーベルト以上の放射線量の村が全て廃村に。

チェルノブイリから180キロ圏内のほとんどの村が消えた。

 

http://daiken.cocolog-nifty.com/blog/2011/10/post-16cc.html より

広島水爆の40倍とも60倍とも言われる大量の放射能が降り注いでしまった東北、北関東。

多くの町の空気線量が0.5マイクロシーベルトを超えている。

僕はチェルノブイリ事故で汚染されたベラルーシの現状を何度かこのブログで書いてきた。

事故後、0.28マイクロシーベルト以上の放射線量の村が全て廃村になっている。

事故の7年後あまりに多くの子どもたちが、甲状腺癌やリンパ癌にかかり、村が閉鎖させられたのである。

チェルノブイリから180キロ圏内のほとんどの村が消えた。

Syouzi

この事実を知って、黙っていられる人間はいないだろう。

東北のほとんどとは言わないが、0.28を超えない町を東北・北関東で探すことの方が困難だ。

癌だけじゃない。0.3マイクロシーベルトを超えれば、心臓発作やクモ膜下出血等のリスクが急に増えることが、報告されている。

幸いにも、僕の自宅も教室も線量は0.06~0.09の値だ。しかしちょっと離れた田んぼを測ると線量はだいぶ高くなる。

市内の中学校では、教室内の放射能値が0.5マイクロシーベルトを超えている所がある。

学校の先生は「安全です」を連呼しているが、僕は根拠を知りたい。


510:飯山一郎:2017/03/02 (Thu) 11:09:18 host:218.150.171.17

>>508
hiromixさん

ベラルーシとフクシマを比較する…

比較するまでもなく,いや比較できないほど,フクシマの惨状は酷いです.

それどころか…,現状,現実は,日本列島全域がフクシマ化している.

「あと1年先」どころか…,

日本列島では,ただいま現在も,老若男女がバタバタと倒れている.


免疫力の低下によって,本来ひ弱なノロウイルスに簡単にヤラれてしまう…

そして,ノロウイルスが付着していたからと,「キザミ海苔」を犯人に仕立てあげる逃げ口上.


hiromixさん.日本は,すべてが手遅れなのです.

何もせずに6年もの歳月が流れてたしまった…

今から何をしても,いや,何も出来ません.

ですから,すべてが手遅れなのです.

これからも,人口がどんどん(静かに)減っていって…

いったい何人の日本人が生き延び,生き残るのか?

静かに,淡々と,ただ見ていることしかできない…

ただし,元気と明るさと免疫力だけは失わないようにしたい!

これが↑↑ワシの個人的な生き方です.なさけないです.

http://grnba.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=16034724

甲状腺がんの調査
再開されますねー。
なんてこった。
わかっていただろう。
んなことは!




コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか