秘策「死の花束」?

2017/02/16(木)2  案の定 トランプぶれて ロシア斬り
ネオコンに屈服 哀れなり
米国は,ウソつきメディアにウソつき大統領
案の定
SPUTNIK
トランプ大統領:オバマ氏はロシアに対して優しすぎたのではないだろうか?
『スプートニク』 2017年02月15日 http://sptnkne.ws/d7ZX

トランプ米大統領は、クリミアはオバマ前政権の時代にロシアの一部になったと言及し、オバマ前大統領はロシアに対して優しすぎたのではないだろうかと疑問を呈した。

トランプ米大統領はツイッターに、「クリミアはオバマ大統領の任期中にロシアに奪われた。オバマ氏はロシアに対して優しすぎたのではないだろうか?」と投稿した。
  • ロシアとは仲良くする! プーチンを尊敬する!こ~いった前言をイケシャ~シャ~と反故(ほご)にしちゃったトランプ大統領.
  • 案の定…,フリン不在のホワイトハウスは,暗殺に対して無防備になっちゃった.
  • 米国の大統領の最大の懸念は「暗殺」で,暗殺のオドシには弱い.てか(オバマのよ~に)屈服せざるを得ない.
  • 本日16日.ロシアのラブロフ外相とティラーソン米国務長官が,20カ国地域(G20)外相会議が開かれるドイツのボンで初会談するが…
  • ブレるトランプ,ブレないプーチン.この二人を「犬猿の仲」にしようとするネオコン戦争屋の策略に対抗する「秘訣」が,ラブロフからティラーソンに伝授される.
  • ともかく,いま,トランプ暗殺の線は,消えた.
飯山 一郎(71)




米の植民地日本は幸運にも
反ネオコン・トランプ政権誕生で
不戦敗」になったわけです。

それなのに、本家ホワイトハウスの
あきんどトランプ一家の失態で
親ロシアのフリンを追い出し
一瞬でネオコンの牙城に。

あたかも反ネオコンの仕業に見せかけて
金正男や香港IT富豪など
ネオコンは「口封じ連続殺人」を
世界中で始めた。


よってプーチンは

「よろしい ならば 死の花束を」

はーーなーーーたーーーーばーーーーー

状態へ突入かもね

無抵抗なロシア人女子供無差別大量猟奇殺人を
ウクライナ全土でやったんだから
やつらは

国家元首として
けじめをつける時が来た



本物のプーチンは目の奥が怖いよ

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか