昨日の味方は、今日の敵

2017/02/04(土)4  今週末,ジョージ・ソロスは眠れない!
ソロスとムニューチンの闘いは…
ムニューチン財務長官の完全勝利!
NYダウの日足
足
拡大
  • 2月3日,NYダウは急騰し,終値は20,071ドル.
  • これで,過去の全てのカラ売りは「損害玉」となり,莫大な損害金を抱えることになった.
  • 損害を軽くするためには,カラ売り玉を買い戻す!これ以外に方法はない.
  • カラ売り玉の買い戻しを『踏み上げ』といい,昔から破産の元凶とされてきた.
  • 「NY株式市場を暴落させて,トランプ政権の経済政策に大打撃を与えよう!」と,ジョージ・ソロスを筆頭とする反トランプ陣営は,NY株式にカラ売りを懸けて,売りまくってきた.
  • そのカラ売りが如何に巨大であるか! それは上のチャートの出来高を見れば一目瞭然である.
  • その莫大な量のカラ売り玉の全てが,赤字ダマ.その大半が反トランプ陣営がカラ売りした建玉である.
  • さぁ,ど~する? ジョージ・ソロス.
  • 牛~ 「踏み上げ」以外のに方策はない!
  • さしもの相場の神様,ジョージ・ソロスも,今週末は眠れない!

ジョージ・ソロスを敵に回し,激烈な相場戦の最前線で陣頭指揮をしてきた人物は,トランプ政権の財務長官,ムニューチン(53)である.

ムニューチンは,父親の代からゴールドマン・サックスの役員というより生粋の相場師だった.

父親は,主力株を大量売買する相場手法で財をなしたプロの相場師であった.

息子のムニューチンは,15年前にゴールドマン・サックスを辞めた後は,なんと!ジョージ・ソロスと一緒に相場を張ってきた.

だっからムニューチンは,ジョージ・ソロスの手の内,気性を知り尽くしていて…,いわば獅子身中の虫だった.

そのことを熟知していたトランプが,仇敵・ソロスをツブすために,ムニューチンを財務長官に抜擢したのは,「相場道の必然!」

かくして,トランプの読み筋どおりに,ムニューチンは,相場の神様=ジョージ・ソロスを地獄の底に叩き込むことに,ほぼ成功した.

「勝って兜の緒を締めよ!」

来週以降,もし,トランプとムニューチンのコンビが,「解け合い」という究極の相場手法を採用し,ソロスに情け(なさけ)を掛けることになれば…,トランプは「アメリカの皇帝」になる!

ま,インディアン以来,虐殺が好きな民族だから…,せんだろうが.
飯山 一郎(71)
これが相場師ムニューチン米財務長官
StevenMnuchin



ソロスにとどめを刺した男 ムニューチン

口角ぴっ!福顔である。

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか