アメリカの良心の歌声

2017/01/24(火)2  「アメリカ株,急落!」の予感
チャートは 『鍋底天井』の型
『ソーサー・トップ』の型になっている?!
NYダウの日足
NYダウ日足
拡大
  • 米国の投資家は,トランプ当選を祝った.
  • ヒラリーの「戦争一直線」よりは遥かにE~!と.
  • しかし,2万ドルの壁は ブ厚かった.
  • そして,いつしか「期待の買い玉」が「シコリ玉」に…
  • この大量の「買いシコリ玉」が整理されないことには…
    本格的な上昇相場にはならない!
  • このことは相場の鉄則である.
  • 近々,アメリカの株式相場が急落する可能性が高い.
  • 急落すると…,「トランプ大統領に失望!」の,「大統領として不適格!」のと,マスコミ得意のハヤシライス.
  • しかし,ナイアガラの後の反騰は,トランプ鯉の滝登り!
  • 急落や暴落後,株価は「日柄調整」か「値幅調整」に入る.
  • ワシは,大きく下げる「値幅調整」を望んでいる.

上に書いたことは,「予測」であり,ひとつの「シナリオ」である.

未来を予測するというのは,すべて一つの「シナリオ」を提示することである.

ソエジマ先生などは,競輪場にいる「予想屋」と同じで,「シナリオ」という意識がない.

「トランプ当選」を当てた!当てた!と得意顔だが…,「ヒラリー逮捕!」という予想は大ハズレ.

「大物の悪人政治家が逮捕される!」などと,年がら年じゅう叫んでいるベン・フル氏よりはマシだが…www

とまれ,米国株が急落するのは,米国が内戦状態だからである.

トランプ陣営が,ソロス・CIAなどの戦争屋勢力を駆逐する気配が今よりも濃厚になれば…,米国株は再度の暴騰路線に突入する!

いまワシが上に書いたコトも,「シナリオ」なんだが…www
飯山 一郎(71)






悪魔ヒラリーのお払いが出来たので
ダメリカはアメリカに
生まれ変わりまーーーっす!


コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか