ちょぉ~ヒモ理論

 
2016/12/29(木)  志布志の『くにみ書店』で買った本
本屋で買うべき本もある
『ニュートン』のキンドル版は迫力ないが…
本買った
昨日,ワシが本屋で買った5冊の本や雑誌
  • 『ニュートン』(新年1月号)は,見開き綴じ込みの超々ワイドな写真と,付録の特大カレンダーが超豪華,超美麗! これは本屋でペーパーの『ニュートン』を買わないと見られない.
  • 『ニュートン』は毎号.毎号,豪華絢爛な付録が付いてくるので,ワシはキンドル版の『ニュートン』は買わない.
  • 1月号の『ニュートン』は,量子力学と相対性理論を統合する(超難解な)『超ひも理論』を分かりやすく解説している.
  • 『細胞分裂の驚異の仕組み』という特集記事は,生命現象の謎に迫っていて,1個の受精卵が数十兆個にまで分裂を繰り返す仕組みこそが「生命」なんだ!ということが良く分かる.
  • 『歴史街道』の「出光佐三特集」は,出光佐三が宗像神社,ひいては天皇家に繫がる歴史の秘密については全く書いてないので,ガッカリ.カネ返せ!www
  • 『文藝春秋』の皇室特集も,同じくガッカリしてガックリ.
  • とくに,八木秀次の「それでも生前退位に反対する」は,「退位の自由は皇室を危うくする」論で,単純で浅薄.説得力ゼロ! 天皇の言葉を恣意的に解釈しただけの噴飯文.
  • 『歌とシャーマン』は,天皇家と日本民族の根底にあるシャーマニズムの本質にせまる「音楽論」でもある.この本はワシの年末年始の熟読本だ.
  • 『平成二十九年高島歴』は,ワシの「暦占い」の基礎データ.
  • 上の5冊をワシはアッ!という間に通読してしまったが,これも隠居生活のお陰.ありがたい.

本日の東京株式市場の下げは,NY株式市場がクシャミをしただけなのに,東京は風邪をひいてコジらせた状態.

ワシは,朝の寄り付きで持ち株の全てを成り行きで売り払ったのでサッパリ.

午後からの下げがキツかったが…,「もっと下がれ!」 と密かに祈ったが…,買い手の不幸を祈ったバチがあたったのか? PCの音声入力が絶不調になってしまった.

グーグルの音声入力は,スイスイ・ミス無し! だが,マイクロソフトの音声入力は障害だらけ.

ビル・ゲイツという詐欺師がつくった会社だから,仕方ないか?
飯山 一郎(70)


  

何気に
プーチンカレンダーを
差し込んでみました。

うふ💕

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか