ヒジキと干し大根の甘辛キムチ

2016/12/27(火)  ワシは,きょう,魚屋に本を買いに行きました
魚屋にしか売ってない本
『志布志の地名』には「日本建国」の秘密も…
カンパチの赤身
  • 『志布志の地名(由来をたづねて)』という本の著者は,郷土史家でもある魚屋のオヤジ.
  • その魚屋は,志布志市内にある『瀬戸口魚店』.
  • この本は,魚屋のオヤジ(瀬戸口 望氏)の自家出版.
  • 昔は市内の『くにみ書店』でも買えたが,今は『瀬戸口魚店』に行かないと買えない.
  • だっからワシは,きょう,その魚屋に本を買いに行ったワケ.
  • 瀬戸口 望氏は地名の本のほか,薩摩弁の本と志布志の諺集も出版していたのだが,地名の本以外は売り切れ.
  • 『志布志の地名(由来をたづねて)』も,残りは10冊.
  • 貴重な本なので,興味のある方は早めに魚屋さんに本を買いに行って下さい.>志布志の皆さん
  • 志布志市内の不思議な地名,『ゴンボィ』の謎解きも….

しっかし,魚屋に本を買いに行くという経験は初めてだ.

先ごろ,四国の松山の友人が電話をかけてきて…,皮膚病(湿疹)を治してもらうのに,動物病院に行って,獣医さんに診てもらったという話をしていたが,似たよ~なもんだ.

あ,志布志の『瀬戸口魚店』は昔ながらの魚屋で,店先には大きな生け簀があって,志布志湾で獲れる伊勢エビや様々な貝類や魚が泳いでいる.

ついでなので,ナマ牡蠣と刺し身(「カンパチ」とマグロの仲間の「トンボ・シビ」)を買って,豪勢な夕食を楽しんだ.

それにしても,きょうは,愉快な買い物びよりだったな~.
飯山 一郎(70)


IMG_20161229_003811.jpg

IMG_20161229_005300.jpg

 

材料

ひじき 20g
干し大根 50g
人参 大1本

キムチ 大さじてんこ盛り3
蜂蜜 大さじ3
ごま油 小さじ1
醤油 小さじ1
塩 小さじ1


ヒジキと干し大根を
水で戻して
よーく水切りして

人参を千切りにして・・・

あとは

使い捨てビニール手袋して

混ぜるだけ!w

味が染み込む2日後がたのしみー♪

甘辛なので、アツアツご飯に
あいそうよーーーwww


粗食小食推進連合会からの
お知らせでした(爆w)

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか