この支配からの卒業?

 
2016/12/17(土)  2017年:飯山一郎の経済予測(シナリオ A)
来年,世界は大きく変わる!
株式の高騰は世界の大変化の予兆だ
日経平均月足
拡大
株式市場には,何年かに1回だが,大相場が訪れる.

その大相場の開始時期が前もってピタリ!と分かる方法がある.

それは先ず,『上値抵抗線』を,上図のように引いて,その『上値抵抗線』を月足が上抜いたら,大相場が始まる!と.

上図では,2005年と,2013年に大相場が始まっている.

2013年から始まった大相場は,2015年の6月に大天井を形成し,大きく下がり始めて「2段下げ」を演じた.

その後,普通は「3段差げ」が始まるのだが…,ところがドッコイ,大ボラ吹きの「トランプ相場」の暴騰劇場が開幕したのである.

さらに今,またもや月足が上値抵抗線を上抜こう!としている.
実際に,近々,日経平均の月足は上値抵抗線を上抜くはずだ.

そうして来年は…,
途轍もない大相場がはじまり,世界はトランプ・バブル一色になる.


  • 世の中,一寸先は闇だ.
  • だが,その闇を見透かすことは可能だ.
  • 洞察力を懸命に働かせれば…,闇が垣間見えてくる.
  • その闇の世界を,幾つかのシナリオにして描いてみる…
  • そのシナリオを,ワシは「予測」として提示してきた.
  • その「予測」は,幾つかあるシナリオのうちの有力候補だ.
  • シナリオを描くと…,一寸先(将来)が先取りできる.
  • 放射能の問題も株の売買も,先取り出来れば,勝てる!
  • 危機状況を乗り切るための管理(危機管理)は,最悪状況を想定したシナリオを描くべきだ.
  • 想定した最悪状況にならなければ,幸いなのだし…
  • 最悪の状況になった場合でも,助かる確率が高くなる.
  • シナリオを描くことが出来るヒトは助かる! のである.
  • 「予測」や「予想」をしてるだけのヒトは,競輪場の予想屋と同じで…,当たればホラを吹きまくって大騒ぎ.
  • だっから,下手な予測はするな! シナリオを描け! と,ワシは言いたい.

今回の「トランプ効果の暴騰劇場」で,アベノミクスが買った株式にも,結構な利潤が乗ってきている.

東京株式市場の大半の銘柄が,高騰に次ぐ高騰!
そのため,街々の小ガネ持ち連中も大いに潤っている.

株価高騰によるトリクルダウンも徐々に始まっている.
だから,その意味では,アベノミクスは「失敗」から「成功」へと大きく様変わりしている.

良いの悪いの,好きの嫌いのといった個人的な感情と価値観を棚上げしたうえで,日本の経済状況を株価から見れば…,
来年は良くなりそ~である.
飯山 一郎(70)





クソうっとおしいほど
奴隷根性と劣等感が染みついた
汚染衛星国なのに
先進独立国だと
優越感に浸ってる
日米従属関係?




とりあえず、
出鱈目国家からさくっと卒業して、
ロシア帝国に
このまま一気に国家丸ごと
するっと編入!!!



2016年12月16日は
プーチンがウィンクしたから
卒業記念日



コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか