それでも住んで安全フクシマ

 
2016/11/22(火)  「地震・カミナリ・火事・オヤジ」だったが…
「地震」は『恐怖の大魔王』に
地震の恐怖を煽り放射能の恐怖は報道しない
大地震
余震?
  • 福島県浪江町の沖でマグニチュード7.4という地震があった.テレビも大地震の話題で沸騰中だ.
  • 日本は世界一の地震列島・地震大国なので,地震なんぞは大昔からあった普通の自然現象.
  • 地震の怖さは,カミナリや火事やオヤジと同格だった.
  • しかし,フクイチの原発事故以来,地震は『恐怖の大魔王』になった.
  • 地震そのものは,決して怖いものではないのだが…,
  • 地震に弱い大都会での二次災害や,なによりフクイチの原発事故による未曽有の激甚災害によって,最近の日本人は地震を極端に怖がるようになってしまった.
  • きょうもマスコミは地震の恐怖を煽っているが…
  • そして,マスコミに煽られた多くの日本人が「地震恐怖症」の症状を呈しているが…,病的である.
  • いま,本当に怖いのは,核燃料の金属微粒子(ホットパーティクル)なのだ.
  • 日本人は,過去5年7ヶ月もの長きに渡ってホットパーティクルを吸いまくってきた,その放射線障害が,いま,大蔓延している.
  • その「放射線パンデミック」こそが『恐怖の大魔神』なのに,人々は,怖がらない.
  • そうして地震にだけは異常な恐怖心を示す….可哀想だ.
飯山 一郎(70)


フクイチ大爆発以前から
向精神薬と薬物と添加物と
放射線治療で

もともと脳みそが
放射化してクルクルパーだったんじゃ?

あいつらwww

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか