極秘情報

 
2016/10/29(土)  ワシの『友達運』は,ほんと,最高だ!
生涯の心友・毛允明氏と…
京都・東寺で抹茶をたしなむ日本茶道の講義も
抹茶
「私は背後の山になり,あなたを守る!」と毛允明氏
風水
「二条城は背後に山脈があって風水学的に極めて優れた城である!」という話の途中,
毛允明氏は,「私は飯山さんの背後の山になり,飯山さんを守る!」と言ってくれた.
  • 昨夜の『日中友好夕食会』は,会場を満席にしてくれた仲間たちのご声援により,大盛り上がり!
  • 山東省の大物2名の貴賓も,「日本人の底抜けの明るさにビックリした.楽しかった!」と大喜びでした.
  • ワシの司会は,昔の座敷芸で,座を盛り上げる三流幇間(たいこもち)の宴会芸です.
  • が,ワシの悪ふざけも「一興(いっきょう)」になりました.感謝の至りです.
  • 本日,ワシは貴賓を京都にお連れして,東寺→二条城→清水寺に案内しました.
  • 「日本の仏教は,中国の仏教である!」ということを詳細に説明して,日本と中国が深い深い因縁で結ばれていることを力説しました.
  • 夕刻,ワシたちは京都を後にして,名古屋に向かいました.
  • 名古屋での夕食会の席上…,毛允明氏は「歴史の証人のような身の上話」をワシにしてくれました.それを以下に書きます.

30年前.中国は貧しかった.みんな痩せていた.
そのころ,ひとりの親友が日本政府に招待され留学生になった.

その親友が名古屋大学の大学院に入ったときの給付金は,月に18万円! 大学院を卒業して,やがて名古屋大学の教授になったときの年収は軽く1千万円を超えていたという.

毛允明氏も努力して長春理工大学の教授になったが,年収は10万円弱.名古屋の教授の120分の1だったという.

実際,日本と中国の経済格差は120倍もあって…,「日本は“雲の上の国家”だった!」と毛允明氏はワシに語るのだった.

毛允明氏は,家族を養うために,十数年前に一意転身! 事業家になったのだが,これがタイミング的に中国経済の大躍進期に重なり,事業(汚水処理事業)は大成功!

ただ今の年収は,日本の大学教授の100倍ぐらいある!という.

「しかし中国経済の大躍進は,これから本格的になる!だから,飯山さんたちも,思い切って中国で起業したほうが成功の爆発力は高いですぞ!」と,毛允明氏は鼻息荒く語ってくれた.

「私も日本人と組んで,今の事業をもっと大きくしたい!」とも.

毛允明氏はワシの『生涯の心友』なのだが…,
ビジネスの面でも,『事業の財友』になるだろう!(爆)

飯山 一郎(70)


920:大阪のおばちゃん : 2016/10/29 (Sat) 00:03:11 host:*.bbtec.net

飯山先生、郭さん、毛さん、亀お兄さん、堺のおっちゃんはじめ皆様、今日は楽しかったです。
ありがとうございました。
グルンバ見学会での毛さんの鋭い質問を伺って、汚水処理への並々ならぬ意欲を
感じました。

先生、お仕事ぐぁんばってね

940:堺のおっさん : 2016/10/29 (Sat) 21:40:57 host:*.ocn.ne.jp

>>920:大阪のおばちゃん
初めてお会いしましたが、なんと上品なおばちゃん。
これからは大阪のおば様と呼ばせていただきます。(笑)

次の世代に伝えていくものをたくさんお持ちのようで。
その中でも、中国の若者に教えたいという企画、目からうろこでしたね。
応援します~

お疲れ様でした。
http://grnba.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=15862681


関西のおばちゃんを
あなどってはいけない。

ほんまに最強なのは

ヒョウ柄のシャツ着た
よー喋る商店街系おばちゃんではなく、

お上品系のおばちゃん達なのだ。


けんちゃんは、
ママよりちょびーっとだけ年上の
ぎのごちゃんのことを
「関西のおばちゃんは最強」と呼ぶけれど
もっと最強いてますねんでwww

ぎのごちゃんはまだまだ
ひよっこでぇ~す。

うふ。

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか