飲み会! in 中国

 
2016/10/01(土)  『国慶節』は,歴史が浅い「法定休日」
爆竹鳴らず,静かな休日
民間の伝統的な節日に非ず国家・政府が定めた休日
国慶節
  • ワシは何百回も中国に来ているが.『国慶節』は初めてだ.
  • きょうは朝から爆竹が打ち鳴らされ,空砲花火が連発的に炸裂し,街中が騒然として騒々しい祝祭日だ!と思っていた.
  • まして本日,2016年10月1日は毛沢東の肖像画が印刷された中国人民元が正式にIMFのSDR通貨となった(しかも,ドル,ユーロに続く三番目の世界通貨になった.日本円は第四番目)記念すべき日でもあるのだ。
  • あ~それなのに,国慶節初日のきょう,ワシが住む街は普段より静かで,クルマの往来も少なめで静か!
  • 「何ですか?この静けさは!」と,青州市の名士・雒徳軍氏に尋ねた.その答はこう~だ.
  • 「春節(チュンチエ)」や「中秋節」,「清明節」は,民間の重要な節日で何千年もの伝統と歴史がある習俗です!
  • いっぽう,「国慶節」や「労働節(メーデー)」や元旦(西洋歴の1月1日)は,たかだか60~70年前に国家・政府が決めた法定休日です.
  • 天安門広場前はお祭り気分だろうが,それは国家・政府のお祭り.
  • 「帝力於我何有哉」(帝力我において何をかあらむや)
  • 以上が雒徳軍氏の答である.
  • 『国慶節』は,庶民にとっては,1週間も休めるゴールデンウィークなので,「お祝い」よりも,「秋の行楽旅行週間」のようだ.
  • そ~は言っても…,旅先で毛沢東の肖像が印刷された100元紙幣で支払いをするたびに,毛沢東の建国宣言を想起する.感謝の心とともに….
  • 毛沢東の建国宣言とは,1949年10月1日に毛沢東が天安門の上から「中華人民共和国成立了」と叫んだ宣言である.
飯山 一郎(70)


2016/10/02(日)  国慶節初日に日本人が大宴会
さすがの酒豪も沈没!
日本人7名,中国人5名が語り,食べ,呑みまくる
日本人呑む
さすがの酒豪・堺のおっさんも62度の焼酎で沈没!
日本人沈没
堺のおっさん(向かって左)は,眠りどおし.宿舎に帰り朝まで爆睡!
  • 『国慶節』の初日,日本人と中国人が大宴会.
  • 主賓・亀さん@人生は冥土までの暇潰しが訪日する前の「予行演習」だ.
  • あす3日,亀さんが訪中するが,これに合わせて15名近い日本人が青州市に自発的に集合してくれた.
  • 亀さんとは,「中国と日本の古代交流史の秘話」と「新日本国・建国の構想」について意見交換をするつもりだ.
  • だが,「飯山老師の朋友は我々の朋友であり貴賓だ!」という論理で,地元中国人のボスたちが勝手に接待の場を設定…,これにワシは従うほかない(苦笑)
  • しかし,それはそれで日中民間交流の重要な機会になるので,喜ばしいことだ.

日本人有志(こころざしと覚悟のある日本人)が,中国で仕事をしながら生きていくには,長期滞在ビザが必要である.

長期ビザの取得は中々むずかしい.
『新日本国』の最初の仕事は,多くの日本人が長期ビザを簡便に取得するための政治外交折衝をすることだ.

「外交折衝」の相手は,先ずは小さな地方の政府になるだろう.

問題は,折衝・交渉をする人物の選定だ.
この件については本日の『
文殊菩薩』を読んで想像をめぐらしていただきたい.
飯山 一郎(70)

みなさま

ここは確か・・・

粗食小食断食推奨ブログ!

だったような

なかったような


コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか