ラオチャンロウ

 
2016/09/21(水)  巨大で広大な「観光仏教」の金山寺(慶雲県)
同志=「こころざし」が同じ者
汚泥消滅装置の無事稼働を仏さまに報告,感謝
毛1
毛2

毛3打てば響くのである.心と心が響き合うのである.互いの志(こころざし)が増強される!こういう同志に出会ったことは,大変な僥倖(ぎょうこう)である.
天の配剤と言ってもE~だろう.

同志の名は,『毛允明』.汚水処理装置を設計する会社の社長である.中国有数の会社で,現在,上場を申請中だ.

毛允明氏とワシは,世界観,人生観,技術思想が驚くほど似ている.
考え方,生き方が,ほぼ同じなのだ.

彼も,長年,『汚泥消滅!』を考えていた.
しかし,大量の汚泥細胞を破壊する技術が見つからなかった.だから,『汚泥処理用の大型グルンバ』には「入れ食い」で喰らいついてきた.

汚泥細胞を破壊するグルンバの原理が,『キャビテーション』と『ウォーター・ハンマー+滝壺の原理』にあることを,毛允明氏は瞬時に理解した.

毛允明氏の最強の同志である張苓明氏と雒徳軍氏(2名とも青州市の大物)も,『汚泥消滅の原理・原則』 を完全に理解してくれている.

それだけではない.
毛允明氏,張苓明氏,雒徳軍氏,この御三方は,日本の文化と日本の技術について深い認識があり,知日派というか,日本人にとって頼もしい友人である.

さらに!である.
上の御三方は,日本人に対しても大変な便宜(厚誼)をはからってくれる.もし日本人に困ったことがあれば,献身的に助けてくれる.全面的に支援してくれる.そういう侠気あふれる御三方なのである.

よって,上の御三方の名前は覚えておいてほしい.
飯山 一郎(70)


毛 ラオ
張 チャン
雒 ロウ

で、いいのかな?


コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか