祝宴と花火も用意済み

 
2016/09/18(日)  成功は ワシにとっては 想定内
あっさりと大成功!
  • 乳酸菌&グルンバによる汚泥消滅工程は大成功だった.
  • 破壊された汚泥細胞の細片は目視でも歴然と確認できたし,顕微鏡写真でも汚泥細胞が破壊された証拠が残った.
  • 汚泥細胞が破壊されたため,細胞内の物質が外に出てきて,CODなどの数値が2倍以上になった.
  • つまり,処理が厄介な余剰汚泥が,グルンバと乳酸菌によって別の物質に変身した! 『物性』が変わった!という証拠が歴然と残ったのである.
  • 物性が変わって乳酸発酵した余剰汚泥の細片は,あとは曝気槽の中で好気性細菌に食べられて,水と炭酸ガスと僅かな無機質となって跡形もなくなってしまう….
  • これが余剰汚泥の完全消滅なのである.
  • 「大成功!」というのは,さらに,ワシのクライアントである毛允明社長が『成功!』を確認し,確信したからである.
  • 中国初の『余剰汚泥消滅!』 結果は,誠にあっさりと,実にあっけなく承認されたのである.
試料の採取と分析は多人数が頻繁に行った
SV30
今は「証拠写真」や「証拠となるデータ」は,特許申請の関係などもあってブログでは公開できないが,「SV30」「ORP」「顕微鏡写真」等々の試料採取と分析は頻繁に行った.
「乾杯!」 である祝宴である
乾杯!
現場に張り付いて懸命に働いた有力スタッフが,ささやかな祝宴を開いた.
祝宴会場の上空を激しく燃える火の玉が…
中国人は,『中秋節』など重要な祝祭日には,花火や爆竹のほか,激しく燃える『火の玉・風船』を無数に飛ばす.山火事になったら一体ど~するのか?! 花火も,個人個人が自宅の庭や広場から勝手放題に打ち上げるので危険この上ない.ときおり,ケガ人どころか死者も出るとか….これほど自由気まま,好き勝手放題の巨大国家・中国.おっそろしい国である.
大成功をドローンで上空から撮影する撮影スタッフ
ドローン
「屋根ごしに手を振って下さい!」と言われ…
手を振るワシ

「汚泥消滅処理・成功!」の果報を聞いた毛允明社長が,ドローン空撮チームを引き連れて,青州市から慶雲県まで駆けつけてきた.

「成功!」を上空からも撮影して,宣伝に使うんだそ~だ.

商魂たくましい! E~ことだ.
飯山 一郎(70)



だから
真剣なフリぶりっ子の
あの写真も
やらせです。


真剣

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか