極東に日本の家?

 
 
Snoeden0605
SPUTNIK

プーチン大統領 日本の木造耐震住宅のロシアでの需要を語る
『スプートニク』 2016年09月05日 http://sptnkne.ws/cdE2

日本の木造耐震住宅はロシア市場で需要がある可能性がある。必要なのはどのようにロシア市場に売り込むかを決めるだけだと、プーチン大統領が発言した。

プーチン大統領は東方経済フォーラムの一環の、極東連邦管区への将来性のある投資家との会談で次のように述べた。
「この製品はロシアで需要がある。我われは極東地域では日本人のように高い地震活動度の条件の下生活しており、我われのところでも地震は発生している」 「そしてロシア南部、黒海沿岸地域でもまた建物は(ロシアで使われている12段階に分けられる震度階級の)震度8~9に耐えられるよう建設されなければならない。このような製品はもちろん、需要がある」


>震度8~9に耐えられるよう

建設されなければならない



わははw

世界に誇る「ウサギ小屋」文化の
あまりにもアレ
笑い者の日本のプレハブが
極東ロシアに
耐えられるのかは
大いに疑問だが
震度8~9に耐えられるように
がーーーんばってくれwww

だがしかし、積雪地帯の
昔ながらの木組みの日本家屋なら
極東でもやっていけるかもね。

良質のシベリア杉たんまり使って。

発酵江戸村 in 極東!!!

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか