ヒラリーの次は、日本

 
2016/08/22(月)  米国大統領選挙は大波乱になる!
ヒラリー:死に至る病(やまい)!!
ヒラリーの老化は致命傷的な凶相
Hillary
リビアのカダフィを殺したあと…
H1 H2
写真クリックで拡大
  • 『スプートニク』がヒラリー重病説を盛んに流している.
  • クリントン前国務長官 演説中に「ワン」と吠える (記事)
  • 医者、クリントン氏に恐ろしい診断を下す (記事)
  • 米インターネットサイトが,クリントン氏の病歴カードに100万ドル申し出 (記事)
  • ようするに,ヒラリーの脳には障害がある!ということだ.
  • さらにヒラリーには,精神障害の症状も発現している! と.
  • 『スプートニク』はウラをとったからこそ,スッパ抜いたのだ.
  • 「ウラ」とは,「極秘情報」のほかに,ロシアの医師・医学者グループの緻密な診断結果のことだ.
  • 脳障害・精神障害の病理を発現しているヒラリーには大統領は務まらないだろうが…,それよりも,大統領選挙の終盤までに,「ヒラリー倒れる!」の速報が流れそうな流れだ.

ヒラリーの演説の様子は,たしかに,異常な場面が多い.
その最も異常な症状はヒラリーの舌の欠損と激しい咳である.
すでにヒラリーは重篤な病人であり,政治家としても終わっている.



政治学は,政治家・国家指導者の生命的な「有限性」を重視する.

つまり,国家指導者の「生命の安全」と「健康度」は,政治過程の非常に重要な要素である,と.

いま,ヒラリーの「肉体的な生命の安全」と「著しく病的な症状」は,政治過程に大波乱を巻き起こす可能性が高い.

大統領選挙の最中(さなか)に,ヒラリーの「病状」が重篤化し,退陣!となれば…,サンダースとトランプの争いになるやも知れず,大統領選挙は波乱万丈の大騒ぎになる.

閑話休題.「ヒラリーは大統領選挙の直前に逮捕される!」 などと,大真面目に語っている知識人がいる.あのソエジマ先生だ.

「ソエジマ説は病的な主張だ!」 とワシは一刀両断にした.(記事)

ソエジマ先生がどれほど病的か? どんなふうに病的か?! というコトについて,非常に説得力のある解説を書いてくれた識者がいる.

書いたのは,『放知技』の常連である「すでに爺」氏.

「すでに爺」氏の投稿文はまことに説得力のある文章なので,是非とも読んでいただきたい.

「すでに爺」氏の記事はココをクリックすれば読めます.
飯山 一郎(70)


プーチンを
フーリガン呼ばわりしたヒラリーが
こうなる事は、想定内w



その後は、日本を粛清!!!

トルコの粛清が、ある日突然、日本でも!

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか