陛下の「お気持ち」

 
2016/08/08(月)2  日本語とは,かくも奥深いものなのか!
日本文化とは
日本語であり
天皇である !!
天皇は日本文化の体現者で日本語の達人
お気持ち
  • 高齢なので,体力にも 健康にも 思考にも 自信がない.
  • と,天皇は先ずはグチりまくる.お可哀想に!…となる.
  • このまま私が逝っちゃったら,国は大混乱におちいる!
  • と,天皇は,次は国民と経済界をオドすような物言い.
  • 天皇さまの言うとおりで,「大喪の儀」は犠牲が大きい.
  • だっから私の退位を認める法律を早くつくりなさい!
  • あとは皇太子がヤルから大丈夫!
以上が,きょう天皇が語られた「お気持ち」の要約である.

ようするに天皇は,「退位」という言葉を一切使わずに,天皇の退位手続きを開始せよ!と国民と政府に向けて宣言したのである.


これは放ってはおけない!


日本国は,「天皇の退位」について早急に検討に入らねばならない.議論をはじめねばならない.いや,すでに(かしましいほどの)議論が始まっている.


憲法改正や憲法改悪の議論は,当然に後回しである.


かくして天皇は,「憲法改悪」を確実に止めた!


あっ晴れである.見事である.
やはり,天皇は「日本語と日本文化」の最高位にある!

ワシは,きょうの「お気持ち」の実況中継を青州市の名門会社の会議室で拝聴した.

山東省の汚水処理事業の実力者と,真剣な議論をしている最中,ひとりの課長が日本からの実況中継をスマホで見せてくれたのだ.


多くの中国人が,きょうの天皇の「お気持ち」発表には,かなりの関心を示していた.
これにはほんと,ビックリした.


しかし…,
「日本の天皇は戦争を止めた! 好利害(すごい)!」
という「解説」を山東省の実力者が語ったとき,ワシは納得した.


中国人の多くが,日本国の好戦性を懸念していたのだ.


日本の天皇と天皇制が,好き嫌いや善悪を超えて,国際政治にも大きな影響を与えている現実を,ワシは中国にいて,まざまざと知った!


中国には,少なくともワシの交際範囲には,天皇を嫌う中国人は一人もいない!

嗚呼,きょうは嬉しい一日だった.
飯山 一郎(70)


国民の安寧と幸せを祈る





コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか