日本の詐欺師 中国では木っ端ミジンコ



 
2016/07/21(木)  大連市→旅順市→東営市に戻りました
遼東半島は日本ゆかりの地
『旅順』は,明治期日本の記念碑的地名
乗船を待つ人々夏休み.子供が多い
  • 大連市では地元の投資会社と乳酸菌農業を合同で行うことになった.
  • 日本人サギ師と韓国人サギ師の悪辣な企みが暴露されたので,大連の関係者は大喜びだった.

日本人のサギ師は,有田通文(記事)のほかに,じつは,さらなる「大物」がいた.

その「大物」は,けっこう有名な日本人で,有田通文や金 英美を使って中国人実業家を騙そうとしていた.

その騙しのテクニックは他愛ない稚拙な手口だ.

「大物」は,先ず知り合いの大連人に 「邦貨換算で20億円ほど投資したい!」 と持ちかける.

中国人の95%は,日本人と同じで,騙されやすい.
ほとんどの中国人は,日本人に対しては大変な好意をもっているので,日本人は中国ではE~思いが出来る.
ワシは「反日」の中国人には会ったことがない.

次に,その「大物」(日本人)は.大連のカネ持ちたちに,有田通文や金 英美の「乳酸菌ビジネス」を物々しく紹介する.

そ~やって日韓のサギ師たちは,青島市や煙台市で中国人をダマしては,「乳酸菌培養装置」を売りつけて来た.

ところが大連市の投資家たちは,広州のワシの会社のサイトを見て,金 英美のウソを見破ったのだった.

「日本と韓国のサギ師たちが大連人を騙そうとした詐欺未遂事件」の顛末は以上のとおりである.
飯山 一郎(70)

国策 農家の株式会社化

よく言えばお人よし
わるく言えば 馬鹿

行政と銀行と詐欺師が
農家に株式会社にすれば儲かりますよと
美味しい事ばかりを言い

国からの微々たる助成金を
あたかもお得かのように勘違いさせ、

銀行はお金貸してあげるから、
これとこれとこれを買ってと
設備投資させる。
詐欺師が詐欺商品をぼったくり価格で販売。

儲かるどころか、経費がかさみ破産。
土地は銀行が差し押さえ。

個人農家はこうやって自滅していってくれる。

国策詐欺まみれの日本は
欠陥原発で自滅したんだけどね

妄想から目が覚めない植民地の悲劇

いや、喜劇か


コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか