菌の相場師

 
2016/07/18(月)  中国社会にドップリつかった飯山一郎
労働者に国境はない
ヨモギの漬け物を洗って乳酸菌の種菌を取る

向かって右が日本人のおばちゃん,左が中国人のおばちゃん
  • 今後,中国全土で大量の乳酸菌が必要になる.
  • 一日に数十トンの乳酸菌が培養できるグルンバ装置.
  • しかし,最初は乳酸菌の種菌(タネキン)が必要だ.
  • 最も強力な乳酸菌は,ヨモギの葉に付着しているヤツだ.
  • そこで,ヨモギの葉を糖蜜で漬け物にする.
  • その漬け物の汁が最も強力な種菌液だ.
  • その種菌液を3~4トンほど供給できる準備が完了した.
  • これで山東省の東営市から中国全土に輸出できる.
  • あと10日ほどで,汚泥消滅のプラントも完成する.
  • ワシのグルンバと乳酸菌が中国の汚泥問題を解決する!
  • その一連のシステムのコピーや真似は不可能である.
  • 下手に真似すると必ず失敗する!
  • 失敗しないための秘技は,まだ教えていない.
  • 鷲(ワシ)は,下鷹(タカ)で上鳶(トンビ)なのだ.
  • ダテに70歳まで生きてきたワケではない.
  • あ,そだ,明日は大連に行かねばならぬ.寝なければ….
飯山 一郎(70)


その場の菌の腐敗と発酵
高騰と暴落
増殖と減少

それらを五感と六感を
フル稼働させ
読まなければならない

金相場も菌相場も
科学では読めない

全ては「修行」なのだ


法隆寺も科学ではもう建てられない

経験値のない出来そこないの西洋科学では

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか