どんどん死んで逝く

 
2016/06/22(水)  鳩山邦夫元総務相が死去 67歳
吉田所長と同じ早さ
今のガンは…アッという間に…
邦夫 逝去2
鳩山邦夫氏=2015年7月8日(左側),2016年5月31日(右側)
  • 十二指腸潰瘍,糖尿病…,様々な死因が憶測されている.
  • が,胃ガンの顔色だ.死去までの病状悪化の加速度は,悪質な進行性のガンによるものだ.
  • 東電の吉田所長と同じで 直接的な原因は フのホ だ.
  • そう断定し,最悪事態に備える!これが賢明な考え方だし,危機管理の定石だ.
  • 『 冥福を 祈りきれるか 時鳥(ほととぎす) 』
 ご霊前に捧げ 合掌 飯山 一郎(70)


政治家も官僚も
これからどんどん死んで逝く。

植民地においては
本当の支配者が
何もかも実権を握っている。

デパートのオーナーと店員みたいなもんで
各店舗の店員が
そのデパートの「運営」「指針」「思惑」など
知る由もないのと同じ。

おのおの、自分の持ち場の事しか知らない。
知らないという事すら知らない。

政治家も官僚も、自分が動かしていると
錯覚しているが、
何のことは無く
支配者が日本は民族浄化でいいんじゃね?と思い
自分もその、浄化の一員なのである。

自分の立場に胡坐をかいて
大きな視点から物を考えてもいない
腐った自称知識人に「知性」「知識」なし。
実務も実力もなし。
ただの「無知ムチ」。

上から下まで、汚職となぁなぁで
腐敗しきったこの国の「システム」は
ばったばた死んで逝く政治家と官僚を
黙ってみているだけで
自滅崩壊していく。

世界中が黙ってみていた。

そして、土砂崩れのようにでかい崩壊騒動になる。
その時は、もう目の前にきている。

フのホと大量死をはぐらかすため
尖閣で戦争を仕掛けるだろう。

とっとと敗戦しろってんだ。

みんなーーー
ウチワとTシャツの準備だwww



応援グッズ

追記
2016/06/23(木)  冷酷で 残酷なりし 時せまる
最後の頼みは 乳酸菌
昨日,ワシが詠んだ俳句らしき5・7・5=17文字の句,
『 冥福を 祈りきれるか 時鳥(ほととぎす) 』
この句の意味を尋ねる電話だ4~5本もあった.

「過酷な多死社会になった日本では,死者の冥福を祈るといっても,あまりに死者が多いので,祈りきれない! そういう時がきてしまった…」という嘆きの句だ.駄句だが,嘆きの深さを分かって欲しい.

「そういう時」の「時」は,「時鳥」から借りた.
「時鳥(ほととぎす)」には,「残酷」のイメージがある.

『 あの声で蜥蜴(とかげ)食らうか時鳥(ほととぎす) 』 榎本其角
飯山 一郎(70)


コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか