森と文化の共生

 
2016/06/14(火)2  日本の巨木・巨樹がドンドン中国へ
日本ハゲ / 中国植毛
日本の巨木がドンドン中国へ
中国へ1


九州北部の某港で
  • 好きか嫌いか?善いか悪いか?どんな意見を持とうが持つまいが,「現実」は個人の感慨を無視して進んでゆく.
  • 日本の諸所にあった巨木・巨樹は掘り起こされ…,中国に運ばれていった.
  • その数,30万本とも50万本ともいう.
  • いま,中国の植林・造林・緑化は,国家を挙げた事業だ.
  • 世界の巨大文明は,森林をハゲ山にした挙句に滅亡した.
  • 中華文明は森林をつくる!中国全土で森林を育てる!
  • 植林・造林の予算は無限だ!カネに糸目はつけない!
  • 国力の差,国家社会の勢いの差には唖然とするばかり…
  • 植毛は素晴らC~コトなんだが,ハゲる方は寂しいっす.
飯山 一郎(70)


造林と植林は違う

造林は自然の環境を自力で維持できる林で
植林は一種類のだけを植えた手入れ必要な林

植林は当然、手入れしなければ枯れていき、
根も枯れ地盤は緩み
熊本の巨大土砂崩れになる。

ヨーロッパも中世~近代にウィルスが蔓延したのは
下水道、浄化機能もない都市計画で、
糞尿を町に放置しまくっただけではなく、
森林伐採しすぎて、自然の森の空気浄化機能が壊れ、
菌の生態系も壊れたからだと言われている。

日本はもう、何もかも
司法も、政治も、行政も、経済も、
モラルも、文化も、教育も、報道も
原発も壊れた。

終了

こんな国に、もう何をアドバイスしても
意味がない。

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか