鼻くそ日本が、また敗戦国になる日

 
2016/06/10(金) 中国政府:「放射能まみれの日本には行くな!」
中国政府は福島の放射能漏れに関して日本への渡航警告を発した 
China Issues Travel Warnings to Japan over Fukushima Nuke Leak

福島の上空は今なお濃い疑問の雲が… (新華社)
フクイチ
中国とロシアの軍艦がほぼ同時に尖閣侵犯!
senkaku
9日午前0時50分頃,尖閣諸島周辺の接続水域に中国海軍の艦艇1隻が入った。

領海の外側にある接続水域に中国の海軍艦艇が入るのは初めて。

同じ時間帯にロシアの駆逐艦など軍艦3隻が,同じ海域を航行するのも確認された。関連はあるのか?
  • を隠すな!」と日本政府に直言し,「日本旅行は危険!」と自国民に渡航警告を出すなど…,中国が豹変した。
  • いずれの主張も当然であり,正論である。
  • 「胸に一物,背に荷物」の中国である。尖閣侵犯も,ロシアと示し合わせた戦術・戦略の一環…鴨。
  • ならば,尖閣で日本を挑発して海戦に持ち込み,海自の艦船を一気に撃沈して,日本を敗戦国に追い込む!
  • そうしておいて,戦勝国として日本に乗り込んでくる。
  • こうしなければ,フクイチが世界人類を滅ぼしかねない!
  • …と,露中が誠実に説得すれば,どの国も反対はしない。

中国政府は国営通信社の『新華社』を使って,国際社会にたいして,日本の放射能危機を広く知らしめた。
「これほど重大で,影響力が甚大な原発事故を前に,影響が及ぶ国民に対しても,国際社会に対しても,日本は重大な点を避けてきた!」
これほど厳しい論調で日本を「糾弾」した国は,初めてである。

昨年3月,ドイツのメルケル首相が来日し,「原発の問題」と「近隣友好」に関して意見具申したが,安倍総理は「内政干渉」という激しい言葉を使ってメルケル首相に食ってかかった。

メルケル首相は,「これは駄目だ!」と呆れ果てて早々に退散したが…,今回の中国の強硬姿勢は「戦争も辞さない!」というほどの強硬姿勢である。

実際,現に,中国はロシアと示し合わせて?尖閣水域に軍艦を侵犯せしめてきた! これは,あからさまな軍事挑発である。

中国の挑発を排除しなければ,「日本は腰抜け!」
挑発排除行動を逆手にとられたら,戦争!

ニッポンは,アッ!という間に瀬戸際に追い込まれてしまった。

2016年6月。この月から,ニッポンは最後の激動期に入る。
飯山 一郎(70)


日本は敗戦国であり
ダメリカの軍産複合体の
私物植民地で
鼻くそだと思います。

広島長崎では
被ばくした孤児を人体実験し
ブルドーザーで埋め

フクシマでは子供を歩く線量計にし
長期低線量被曝と甲状腺がんの発生率の
データをとりやがりました。

こんなふざけた「国家」は類を見ない!!!

と、いうわけで
尖閣で戦争するときは

日本が見事に敗戦する瞬間を
完全実況生中継で
全世界に放映していただきたいと思います。

ほとんどの普通の国民からは
とんでもなく嫌われているので

たぶん、

ざけんなアベ!
税金泥棒霞が関!
原発のどこが安全だ!

中国ロシアがんばれーーー♪

と、黄色い声援が飛ぶ事でしょう。



応援グッズ

大揺れのフクイチ
ブレブレの日本


コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか