プーチンチームの諜報活動はすでに・・・w

 
2016/06/05(日)  外交は言葉のウラの意味を読め!
嫌い嫌いは 好きのうち
「北方領土は返さない!」と断言するが…
SergeyViktorovicLavrov
SPUTNIK
ラヴロフ外相:ロシアは日本にクリル諸島を渡すつもりはない
『スプートニク』 2016年05月31日 http://sptnkne.ws/bwa5L
ロシアはクリル諸島を日本に渡すつもりはなく、平和条約締結を日本に頼み込んでもいない。ロシアのラヴロフ外相が述べた。

外相は、露紙『プラヴダ』の読者たちの質問に答え、「我々はクリル諸島を渡さない。我々は日本に平和条約を頼み込んではいない」と述べた。

ラヴロフ外相は、1956年の日ソ間の合意に従って両国は平和条約を締結するべきであり、「その後で、ソ連が善意の印としてシコタンとハボマイ群島を渡す用意があるという問題につい検討される可能性がある」と述べた。

またラヴロフ外相は、「第二次世界大戦の結果を認めずに領土問題の相互に受け入れ可能ななんらかの解決策について話し合いを行うのは不可能だ。協議では毎回これについて日本のパートナーたちに話している」と強調した。
  • ロシア外相が「北方領土は返さない」と明言した。
  • 「日本に平和条約締結をお願いすることもない」と述べた。
  • ロシア外相の「強硬発言」については様々な解釈があるが,ようするに「今の日本政府は相手にしない!」ということだ。
  • しかしロシアは,親露企業や原発企業,さらに親露派の政治家・官僚とは,非常に密接な連繋をとっている。
  • 5月初旬,ソチでの「プーチン・アベ会談」の“密約”もある。
  • この先,いったい全体ど~ゆ~展開になる?

さぁ! いよいよ,ロシアが乗り出してくる!
それは政治的・軍事的・科学的に「今世紀最大の歴史的事業」だ!
上の2行の文章を,ワシは『
いよいよロシアの出番』に書いた。

ロシアの日本進出! この明確なサインは『ロシア,日本の脱原発を助ける』 というスプートニクの記事だ。

「日本の脱原発を助ける」というのは「フクイチの鎮圧作業」だ。
この苦難の作業をロシアはアジェンダ(行動日程)に組み込んでいる。これがスプートニクの記事の“行間の意味”だ。

それで,「ロシアの日本進出」は,乗っ込んで来る!というのではなく,合法的に乗り出してくる!という善意の解釈でE~だろう。

ロシアの国際活動は,シリアでの空爆もそうだったが,国際法的に合法的な手順を踏む。

日本の政治家では小沢一郎のように,遵法精神は旺盛だ。

ただし,いざとなるとプーチンのロシアは,突飛でもない謀略活動を発動する可能性もある。(これをワシはむしろ見てみたい!)

ロシアの日本進出の目的は,勿論,臨界デブリの鎮圧だ。

しかし,ソレは日本のためではない!
フクイチから噴出している放射性物質から,自国民を守るためだ。

「放射能から国民をまもる!」  国家・政府の絶対的な義務だ。

ロシアは広大な国土を領有するが,最大の欠点は人口が極端に少ないことだ。

なのにロシアは,チェルノ原発事故以降,ホによる数千万人の人口減という苦渋を味わってきた。

ホによる人口減は絶対に避ける!」 これはロシアの国是だ。

その国是によって,ロシアは日本に進出してくる。

ロシアの日本進出!にあたり,最も邪魔で障害になるのが,日本政府と米国戦争屋と原発ムラである。

「北方四島は返さない」は,ロシアの巧妙な策略のうち,第一発目の強烈な攻撃なのではないかな?
飯山 一郎(70)


日本国内での諜報活動は
もうとっくの前から
徐々に徐々に粛々と
決行されていまぁーーーっす

と、ぎのごちゃんは、
思っているので
ございます。


馬鹿主婦のプーチンファンが
案外多いってのも、
味噌だよね♪

プーチンチームは
文武両道
がたいがでかい。

ちょっとやそっとじゃ
たおされなーーーい

その上法にくわしく
イケメンが多い💕

キャキャキャ

北方領土?
そんなせっこいお話し
どーでもよろしいねん

丸ごとロシアに
吸収合併を目指そう!!!

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか