お帰り!

 
2016/05/27(金)  1ヶ月ぶりの祖国は 暗く 貧しく 活気なし
氣が抜けた
ワシは本日,明るく,豊かで,活気と樹々の緑にあふれた青島市から福岡市に着いた。

それにしてもだ。
福岡空港近辺のみすぼらしさは何とかならないのか?!

福岡市の大気が思いっ霧!モヤモヤ~~ッ としているのは,何ともならないとしても…。

博多駅の喫茶店で色んな人たちと面談しているとき…,ワシだけが明るく元氣で地声もでかく,他の客たちの暗い表情には活気も生気もなかった。

ど~なっちゃったんだ? ニッポン…。

ワシは福岡一泊の予定を急遽とりやめ,新幹線に飛び乗った。

ひっそりと静まりかえる車内は,喧騒な中国の新幹線の車内よりは好ましかった。

しかし,その静粛さが元気と生気と活気のなさに起因することに気づいたとき,ワシも氣が抜けた。

鹿児島中央駅から志布志市に向かう車内から,鹿児島の山々の樹々が旺盛に繁茂しているのを,ワシはぼんやりと眺め続けた。

樹々緑はE~! とくに5~6月の初夏の芽吹きは,生氣と精氣に満ちている。ワシは,幾分か元氣をとりもどした。

ワシは明日から,志布志市の居宅で千客万来の日々を送らねばならないが…,今回は,画期的なグルンバシステムを考案せねばならないので,接客は中途半端になるだろう。ご容赦のほど。

あと,中国に長期滞在するためのビザを取得する書類を沢山つくらねばならないので,超多忙な日々が続く。

飯山一郎,70歳。 ぐあんばるっきゃない!
飯山 一郎(70)


毎日、中華フルコース!
とっても美味しそうだったよ!

当分、断食生活に入ってね!


コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか