だからストーカー規制法強化月間

 

警視庁、ストーカー相談として受理せず
アイドル刺傷

 アイドル活動をしていた東京都武蔵野市の大学生冨田真由さん(20)がファンの男に襲われた事件で、事前に冨田さんから相談を受けた警視庁武蔵野署が「ストーカー相談」として受理せず、「一般相談」として扱っていたことが分かった。冨田さんは、男からのツイッターでの執拗(しつよう)な書き込みを訴えていたが、こうした行為は内容によってはストーカー規制法の規制の対象外となる。

 冨田さんを刃物で襲ったとして殺人未遂容疑などで逮捕、送検されたのは京都市右京区太秦中筋町の会社員岩埼(いわざき)友宏容疑者(27)。

 捜査関係者によると、冨田さんは事件12日前の5月9日に武蔵野署を訪れ、岩埼容疑者の名前を挙げて「ツイッターで執拗な書き込みがされている」と相談。書き込み内容を印刷した紙を署の担当者に渡し、「友達にまで迷惑をかけているから、やめさせてほしい」と訴えた。署では3人が対応し、書き込み内容を確認した上で「一般相談」と判断したという。

 ストーカー規制法では、電話やメールを執拗に繰り返す行為を「つきまとい等」として規制しているが、ツイッターなどSNSを使った同様の行為は対象としていない。ストーカー行為の規制のあり方を検討した警察庁の有識者会議は2014年8月、SNSによってしつこくメッセージを送る行為も規制対象に加えるよう提言。同庁は国会議員と協議しながら検討しているが、法改正には至っていない。

 今回、岩埼容疑者が送ったとみられるツイッターの書き込みは、冨田さんのツイッターに直接送るものだった。送信は1月18日に始まり、冨田さんが送信を受け付けない「ブロック」を設定する4月28日まで、101日間で計340件に上っていた。

 岩埼容疑者は、冨田さんへのファンレターで自分の名前や住所を伝えており、冨田さんは署への相談でその住所も伝えたが、署は電話での連絡ができなかったため接触していなかったという。

■署から対策本部への報告なし

 ストーカー対策をめぐっては、2013年10月に東京都三鷹市の女子高校生が元交際相手に殺害された事件で、事前にストーカー行為の相談があったのに防げなかったことから、警視庁が新たな取り組みをまとめ、現在の「人身安全関連事案総合対策本部」となる部署も新設した。

 三鷹市の事件では、危害を加えるとの言動が事前に把握されておらず、危険が切迫しているという判断をしていなかった。このことを教訓に、警視庁は、警察署がストーカー相談を受けた場合、新設された対策本部の専門チームに報告し、そこで事態の危険性や切迫性を評価することにした。

 しかし今回は、女性の訴えを受けた武蔵野署が「ストーカー相談」として扱っていなかったため、署から対策本部への報告はなかったという。ある捜査幹部は「憧れるアイドルに近づきたいというファン心理と、ストーカーの心理との線引きは難しく、一般人同士の関係性と比べて判断しにくいケースもある」と話す。

 武蔵野署に相談する前の5月4日には、冨田さんの母親が、岩埼友宏容疑者の自宅を管轄する京都府警右京署に「嫌がらせを受けている場合、どう対処すべきでしょうか」と電話で相談。右京署員は岩埼容疑者の名前や詳しい住所を確認せず、冨田さんの自宅近くの警察署に相談するよう伝えたという。

 警視庁は今回の対応について、相談内容が岩埼容疑者によるツイッターの書き込みをやめるよう求めるものだったことなどから、「ただちに相談者の身に危険が及ぶ可能性は低いと判断した」と説明。今後、今回の対応が適切だったかどうかを検証するという。

http://news.livedoor.com/article/detail/11559976/




小保方氏、2年の沈黙破る「本当に殺されると思った」 「婦人公論」で瀬戸内寂聴氏との対談

小保方氏の騒動、いまだ収まらず 

写真拡大

 STAP細胞論文の筆頭著者で理化学研究所元研究員の小保方晴子氏(32)が2年間の沈黙を破り、24日発売の『婦人公論』に登場している。作家で僧侶の瀬戸内寂聴氏(94)との対談形式で激しいバッシングにさらされた当時の思いや意外な夢も語っている。

 対談は瀬戸内氏が同誌で連載するエッセー(4月26日号)で、小保方氏にエールをおくったことをきっかけに実現した。記事はカラー7ページ。捏造事件の騒動当時と比べ、やつれた印象だが、瀬戸内氏に手を取られ、白のミニワンピース姿で微笑む小保方氏の様子も掲載された。

 瀬戸内氏に「よく京都まで来てくれましたね」と迎えられた小保方氏。最近は食べ物を体が受け付けない精神状態に追い込まれていたというが、「先生にお会いするために、私、食べなくちゃいけないと思うようになって」と応じた。

 小保方氏の手記『あの日』を読み「可哀相で涙が出ました」と瀬戸内氏から向けられると、捏造事件として指弾された当時を回顧。「記憶をどこかに捨ててしまいたいと。でも、私はこの記憶とともに生きていくのですね」などと述べ、瀬戸内氏から「負けたらダメなのよ、上を向いて生きなさい」と励まされた。

 手記では騒動後に自殺した論文の共著者、笹井芳樹氏のことはほとんど書かれていなかった。そのことについては「書けなかった」と一言。同じく論文の共著者だった若山照彦・山梨大教授が、論文の根拠を疑うに至った点については「人が変わるのか、もともとそうだったのを見抜けなかったのか」と語った。

 手記は「何より愛していたものを失った、失恋の話」として書いたといい、騒動後は海外の面識のない研究者から応援の手紙が届くという。海外の研究機関からの誘いもあると説明している。

 対談後半に、「こんな目にあったら、たいていの人の苦しさがわかる。いい尼さんになれそうだけど…」と瀬戸内氏から振られると、尊敬する人として「マザー・テレサ」を指名。「この先は、つらい経験をして、味方がいないと思っている人の気持ちに寄り添えるようでいたい」とも語った。

http://news.livedoor.com/article/detail/11558876/


アイドル刺傷事件も
小保方晴子集団リンチ事件も

現行法の不備は無関係

実際問題、なんだそれ?な案件では
でっち上げまでやって、因縁つけて
大げさに取締まくってんじゃん

現行法で取り締まれるのに
放置した桶川ストーカー殺人と同じ

放置して大げさな事になれば
なぜか、規制強化だけされる

わざと放置してたとしか
言いようがない

桶川だって事件後何の反省もない

また反省もなく責任もとらず、
規制強化だけを狙っていたねと

バカ主婦にもわかっちゃうよー

とことん、女子供を生贄にして
甘い汁だけ吸おうとするね
この植民地は

とことん、おぼちゃんを利用だけするね

規制強化の前に、
おぼちゃんを集団リンチにあわせた
「人権侵害 名誉棄損 信用棄損 特許略奪 博士号略奪 軟禁 バイクひき逃げ 脅迫事件」を
立件すればいいでしょ

呆れてものがいえなーーーい

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか