飯山君の中国出戻り日記

 
2016/05/14(土)2  韓国から中国に舞い戻った!
デラシネ(根無し草)気分
仁川空港の免税店は「爆買い中国人」であふれていた。
中国の仲間への韓国土産を買うにも,デパートの特売コーナーの争い。だが,ロッテのアメスピ香煙コーナーだけは空いていた。

仁川空港から青島空港へのフライトは,中国人で満杯。機内荷物も満杯。飛行機の椅子の下も手荷物でスキなし。

世界中からトテツもないカネが中国に集まっていて,それが日本や韓国にトリクルダウンされている。

竹中平蔵のトリクルダウン説は大間違いだったが,中国のカネが中国や韓国の流通業界を大いに潤しているトリクルダウンは実勢だ。

青島空港では東営市のボスたちが(青島市に一泊して)ワシを待っていてくれた。

青島→北京高速に乗って東営市に着くと,超豪華なワシの住居には,超豪華な料理が並んでいた。その全てが手作りの『魯菜』であった。

これから仲間がやってくる。今宵は,ワシも大食漢になる!
飯山 一郎(70)
手作りの『魯菜』 1
盧菜1
このあと,さらに7~8品の料理が出てくる
盧菜1
ワシの住居の応接間の壁画
応接間の壁画



2016/05/15(日)  物事の本質を見透かす秘法・秘術 (1)
「標語」は現実の逆
『植樹・造林』 こんな看板や標語が以前の中国には多かった。
が,今は少ない。ほとんど見られない。 なぜなのか?

『植樹・造林』を呼びかけて強制したり,補助金を出したりする必要がなくなったからである。

この10年間,中国の全土・全域において,猛烈な勢いで緑化が進められた。

中国全土・全域,どの街を歩いても,街の中心部は,森かジャングルのように樹々が生い茂っている。

これだけの樹々を何処から持ってきたのか?! これだけの樹々をどのように育てたのか?! 中国全土・全域の緑化・緑地化は,驚異的な勢いで進められた。

世界の歴史を振り返ると…,過去において興隆した全ての文化・文明は,森林を破壊し尽くした結果,滅亡し,消滅した。

ただひとつ! 中華文明だけが猛烈な勢いで植樹・造林・緑化を進めている。この事実と実態は,広大な中国を歩いて観察すれば良~く分かる。

「おそロシア!」どころではない,「中国偉大!」と脱帽せねばならない。が,これだけではつまらない。

この偉大な中国とイカに付き合うか?
訪中したことのない嫌中派のタコには分からないだろうが…,善悪や好き嫌いの感情抜きで中国を見ている者たちは,中国との付き合い方を真剣に考えている。

『環境改善,最重要!』  こんな「標語」や「スローガン」が目立つ昨今である。

これは「環境問題を解決するために莫大な国費を投入する!」 というサインである。

乳酸菌の培養を自習し,自己訓練した日本人の出番が来たぞ!
飯山 一郎(70)


出戻ったとたんに
グルメ日記になってるしっ


そして、

背景だけが
成金ぽくなっていく

ジャージのまま


ジャージ

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか