珍獣ではありません

 
2016/05/09(月)  ワシの青州工場は,すべて新築!
夢と希望が膨張・膨満!
  • 事務所棟が140坪,工場棟が300坪。共に新築である。
  • 『中国全土を制覇する「飯山一郎の汚泥消滅技術」の起点工場は,すべての建屋を新築にせよ!』
  • 『天文学的な金額の現金が集まってくるだろうから,金庫室もつくれ!』
  • という現地のボスの命令で出来た『財務室』は,物々しい鉄格子で,その中には巨大で堅固な金庫が設置された!
全景。左側の薄茶色の建物が事務所棟。左側が工場棟。
全景
事務所棟には様々な部屋がある。
事務所棟
部屋の看板。「生化試験室」 「中薬飼料技術中心」
生化試験室 中薬飼料技術中心
部屋の看板。「生物新技術中心」 「弁公室」
生物新技術中心 弁公室
傑作なネーミングは 「財務室」。部屋の中は金庫室。
財務室
『財務室』には,物々しい鉄格子がハメられ,その中には巨大で堅固な金庫が設置されている。この金庫は,PWを知っているワシだけが開けられる。
こういうコトを,みんなが真面目にヤル! 中国式の壮大なハッタリだ。
「腐るほどカネが集まったら,腐敗しないよ~に乳酸菌をかけよう!」 と,ワシは言った。みんな嬉しそ~に笑っていたっけ。
青州市の成金=飯山一郎財務室(金庫室)の前で。
成金飯山
中国は,いま,上から下までの全階層が活力にあふれている。
(ほとんどいないが…)乞食までが,元気に “仕事” をしている。

国家社会の活力は,先ずは中間層の増大と富裕化。
次に,最下層階級の生活の向上と,収入の増加。
三番目は,最上級階層から莫大な財産を没収すること。

中国は,上の三つの現象と施策が併行して進展している。
理想的な国家運営だ!と言ってE~だろう。

日本とアメリカは,中国の逆だ。
中間層が激減し,最下層の極貧化が進み,1%だけが潤う…
だから,日米は国家の活力が失せる一途だ。

さらに日米は 「ホ」 による多病多死が激増し…
それは,日本と米国が国家消滅する日まで続く。

ひっじょうに明解な構図だ。
飯山 一郎(70)


中国のとーちゃん商売人
日本のとーちゃんばくち打ち

こんなかんじで
日本の家は、
ばくちですって、すっからかん
しかもモクモク欠陥原発放置中



コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか