日本政府?汚物です。

 
2016/04/26(火)2  5月からのキーワードは 『ロシア』
伊勢サミット? 遺物です!
SPUTNIK
G8の復活はロシアには意味なし,ロシア外務次官
『スプートニク』 2016年04月19日 http://sptnkne.ws/bd9Z
ロシアにはG8という形式は過去の産物となっており、これを復活させる意味はない。 と,ロシア外務省のリャブコフ次官は記者の質問に答えた。

リャブコフ次官は、ロシアはG8での作業再開の構えはあるかという問いに対し、「我々は過去の産物を蘇生させる必要性を感じていない。これはいったん通り過ぎたものを繰り返すことだ。このためロシアのG8への参加は私から見れば全く実際的な問題ではない」と答えた。

一方でリャブコフ次官は、この2年間、多くの重要な国際問題がG7の形式ではなく、「ロシアが完全な形で参加する形式で」討議されるようになったことを指摘した。
  • 来週,5月に入ると日本では伊勢サミットに大きな注目が集まる。
  • だが,「伊勢サミットなんぞは旧G8の遺物か化石であり,何の意味もない!」 などというタンカをロシアは吐き捨て,伊勢サミットを斬って捨てた。
  • これはロシアの「新世界宣言」である。
  • 「世界を仕切ってきた古い国々よ,パカ~(じゃあね)!」という「別離の最後っ屁」である。
  • かくしてロシアは今後,新しい世界秩序(ハートランド構想)の創造に向けて新手を連発してくる…。
  • 本年5月以降,世界を説くキーワードは 『ロシア』 となる。
ハートランド
マッキンダーが発表したハートランド理論 (1904年)』は,現在でも生きている。

マッキンダーの理論によると…,
「世界は3つ。第1にユーラシア大陸である『世界島』,
第2にイギリスや日本のような『沖合諸島』,
第3に南北アメリカやオーストラリアのような『遠方諸島』に分けられ,『世界島』を制した国家が全世界を支配する!」 と。

「世界島」の中心が『ハートランド』で、ロシアのことだ。

西欧諸国は,マッキンダー理論に基づいて,
「ロシアにだけは『ハートランド』を支配させてはいけない!」 という執念をもってロシアに対処してきた。

この「西欧列強にツブされまい!」とするロシアの強迫観念が,じつは,ロシアを強力にしてきた。

そうして実際に,ロシアは西欧列強には絶対にツブされない! そういう世界最強の国家になったのである。

ロシアを世界最強の国家に育て上げた指導者こそプーチンなのであるが…,

プーチンは,ロシアという国家が『ハートランド』を支配した!という強烈な国家意識をもって,今後,全世界に新秩序をもたらすべく,目の覚めるような政策と策略を連発してくる。

その基礎と背景にあるのが,『新・ハートランド構想』である。

おそるべし!プーチン。 世界の希望でもある。
飯山 一郎(70)



SPUTNIK
明仁天皇、ハゼ科魚類の進化の謎を明らかにする
『スプートニク』 2016年04月19日 http://sptnkne.ws/bg6U
明仁天皇率いる日本の研究チームが、ハゼ科魚類であるキヌバリとチャガラの太平洋側と日本海側の地域集団の進化について明らかにした。論文はジーン誌に掲載された。

研究チームは日本海と太平洋から採集したハゼ科魚類であるキヌバリとチャガラの各地域集団に対して分析を行った。
遺伝子分析の結果日本海側のキヌバリと太平洋側のキヌバリが共通の祖先を持つことが判明した。
明仁天皇は生物学と魚類学に関心を寄せており、ハゼ科魚類に関する論文を20編以上発表している。
え、陛下、

ダボハセ科米ポチ類の

退化の謎を明らかにする?


コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか