スターリングエンジン

 
2016/04/22(金)3  豪州 「日本の潜水艦は買わない」
嬉しがらせて泣かせて…
☆ 豪州政府は新潜水艦の発注リストから日本をはずすことを決めた。
☆ 日本は海外の海軍用軍事機器の生産の経験に乏しい,というのだ。
☆ 豪州は当初、潜水艦の発注を入札を行なわず三菱重工および川崎重工など日本のコンソーシアムに委託する計画だった,のに…。

オーストイラリアは,当初,世界一である日本の潜水艦技術に惚れまくっていた。

とくに「スターリングエンジン」という画期的な多熱源型環境エンジン搭載の「蒼龍(そうりゅう)」型潜水艦の購入を熱望していた。

それなのに・・・
「蒼龍型潜水艦」の世界一超高性能をヤッかんだ米国戦争屋が,ウラで卑怯な横ヤリを入れたので,縁談話が壊れた!

トニー・アボット首相が毒まんじゅうを食わされたためだろう。

これが真相である。 \( キッパリ! )/
飯山 一郎(70)


2016/04/22(金)4  はるか昔に生まれた未来のエンジン
スターリングエンジン
StirlingEngine
 このエンジンは燃焼・爆発部分がない。構造が超シンプル。二つのシリンダー内の空気の温度差だけで動く。熱源は何でも良い!と大変な優れもの。だが,つくるの難しい!と,捨てられていた。
ところが日本の海上自衛隊が研究を重ね,「蒼龍型潜水艦」に結実!これが世界一高性能の潜水艦に仕上がった!が,売れない。
飯山 一郎(70)




↑原始系

スターリングエンジン

ぎのごちゃんは
エンジンより
屋根のほうが気になる!!!

頭の中
屋根でいっぱい

屋根付きバイク

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか