地震を起こす前に・・・

 
2016/04/22(金)2  最新の地震学を学ぼう!
日本列島は「船」だ!
大地震が起きると…
昔は悪魔や悪霊のせいにした。
今はHAARPだの地球号のせいにしてる。(爆)

HAARPや地球号は,悪魔や悪霊の現代版にすぎない。
悪いコトがあると何でも悪魔や悪霊のせいにする思考停止だ罠。

さて・・・
地震とは,地球の地表面で人間が感じる振動と揺れだ。

だから人間は,地震の発生原因を地表面か,地表近くのエネルギーの過飽和の発散!などと,矮小な思考ばかりしている。阿呆だ。

地震の原因を探るには・・・
先ず,地球全体の柔軟な構造を理解せねばならない。
そうして,流動的なマントル層の上に船のように浮かぶ陸地の様相をイメージせねばならない。

さらに, 大きく流れ,揺れ動く海洋。その巨大な重圧を考えねばならない。

また…,自転し公転する地球自体の宇宙空間での超巨大な運動エネルギーにも思いを馳せねばならない。

しかし,そ~は言っても,いま先ず焦点を絞るとすれば・・・
それは,流動的なマントル層の上に船のように浮かび,揺れて動き,移動する陸地と,マントル層の関係である。

とりわけ,マントル層中の『アセノスフェア』という「岩流圏層」。 この溶融した岩石がドロドロの流動体となって流れ動く過程で発生する巨大なエネルギーの沸騰放出!
この「岩流圏層」の巨大な溶融岩石流が,マヌアツから日本の九州に向かって流れている。

じつは,この巨大な溶融岩石流の上にプレートは乗っている!
そうして時々,溶融岩石流は,巨大なエネルギーを沸騰放出させ,プレートに激しい振動と揺れを与える。

これこそが地震という現象なのだが,分かる?

また書きます。 (股搔きながら…WWW あ~痒いwww)
飯山 一郎(70)
アセノスフェア
asthenosphere


   世界自然保護基金(WWF)気象プログラム・センターのアレクセイ・ココリン所長は「かつてロシアでも、異常な暑さは、米国のHAARP(高周波活性オーロラ調査プログラム)施設のせいだ」と噂された時があったとし、次のように続けた―

   「アラスカにHAARP施設がある事はよく知られている。これは、大まかに言えば、巨大な電子レンジのようなもので、2010年にモスクワが酷暑に襲われた時、その活動のせいではないか、といったうわさが飛んだ。原則として、そうした施設を使えば、大変離れたところであっても雲の中に穴をあける事ができる。モスクワが酷暑の際、それが記録されなかったというのは、また別の事だ。」

   HAARP は、何も米国だけのプロジェクトではなく、同様の研究は、他の国々でもなされている。ロシアでも、ニジニノヴロロド州にそうした施設がある。 ただ違いは、米国の HAARPが受け取ったデータの大部分は極秘とされている事、そしてプロジェクトに米国の空軍と海軍が関係している事だ。 恐らく、まさにそうした状況が、HAARP 施設のイメージが恐ろしいものに膨らむ理由となったのだろう。 いずれにしても、最近このアラスカの施設は閉鎖された。理由は単純だ。その維持費として、米国の国家予算から資金をもう捻出できなくなったからである。
続きを読む: http://jp.sputniknews.com/japanese.ruvr.ru/2013_07_27/118656644/



2013年、HAARPは
倒産しているのですwww


凄まじい能力のある
秘密兵器!!!というのは
HAARPに投資させための
インチキステマだった?

出資法違反じゃね?w

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか