土砂災害 ほぼ人工災害

阿蘇の土砂災害 悲劇再び

平野虎丸です。ご訪問ありがとうございます。

7月12日に発生した熊本市中心部水害と阿蘇土砂災害ニュースが報道される中、私のことをご心配くださいました皆様、ありがとうございます。

幸い私のところは水害にも土砂災害にも見舞われることはありませんでしたが、今回の大雨では、市内中央を流れる白川が氾濫したことで、熊本市内のいたるところで冠水し、大小の水害が発生しました。

白川の氾濫は、堤防の未整備部分から発生したものですが、被害を大きくしたのは、やはり、阿蘇に降った大雨と土砂崩れですが、私がいつも指摘してきたように、スギ山は保水力がないので、阿蘇のスギ山に降った雨は山に染み込むことなくそのまま川に流入していくのです。

ところで、阿蘇土砂災害についてのテレビ報道を見ていると、土砂崩れの原因について、「阿蘇は火山灰土で崩れやすい土壌」、あるいは、「火山の噴出物で構成されているので雨水を通しやすい」などと尤もらしい解説を大学の先生や専門家が行っています。

しかし、もし、そうであるならば、崩れやすい火山灰の山に根の張らない挿し木スギを植林することは避けるべきであるし、土壌に詳しい大学の先生や専門家たちは、住民の生命と財産を守るために、林野庁や行政に対して、阿蘇外輪山へのスギ植林を行わないように、アドバイスするべきであったと思います。

続き↓
http://blog.livedoor.jp/rokuten1/archives/51481452.html

計画的犯行だ。


コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか