米ポチに「粛清の花束を」


 
2016/04/18(月)2  米国による凄まじい圧力で…
安倍総理の訪露中止!
来日したラブロフ露外相と岸田外相が合意した安倍総理の訪露が米国の圧力で急遽中止になった。このウラで展開された政治的な格闘は死闘に近い。この修羅場に慌てた安倍総理は熊本にも行けない。大馬鹿だ。
Zaharova
PARS TODAY
ロシア外務省,「安倍首相の訪ロ中止は,アメリカの圧力による」
『PARS TODAY』 2016年04月16日 http://parstoday.com/ja/news/japan-i6265
ロシア外務省報道官が,来月に予定されていた日本の安倍総理大臣のロシア訪問の中止を明らかにし,これはアメリカの圧力により行われたと述べた。

ロシア外務省のザハロワ報道官は,16日土曜,ロシアトゥデイのインタビューで,来月予定されていた安倍首相のロシア訪問中止について,「日本は圧力を受けており,この訪問を中止するよう勧告を受けていた」と語った。

ロシアのラブロフ外務大臣は,15日金曜,東京を訪問し,日本の岸田外務大臣と会談する中で,安倍首相のロシア・ソチへの訪問と,プーチン大統領との会談について合意したが,日本のメディアによると,アメリカのオバマ大統領が安倍首相に連絡し,ロシア訪問を中止するよう求めたということだ。 (記事)
安倍総理の訪露の意志は石のように固かった。(記事1) (記事2)
ロシアも安倍総理の意志を確認,5月上旬の訪露を受けた。
(記事3)

岸田文雄外相は4月15日,ロシアのラブロフ外相と東京都内で会談し,5月にロシア南部のソチでの安倍首相とプーチン大統領の首脳会談の準備を進め,その後できるだけ早い時期に外務当局による平和条約締結交渉を行うことで合意した。(記事4)

これは日露政府間の(固い)合意である。

日露政府間の(固い)合意を,オバマは電話1本でツブした!
こういう報道が多い。

そら,オバマの電話もあった…鴨知れん。
しかし,ウラの真相は違う!

ラブロフ露外相のSPの動きをウォッチしていた某筋の情報は…
「ラブロフの影のSP」は,官邸の目の前の米国大使館等々,米国戦争屋の拠点を監視していた,と。

また,ラブロフに随行して来日していた超美人のザハロワ報道官は,外相会談の最中であっても,スマホを使ってMSGの送・受信に大忙しだったという。 (ザハロワ報道官は勝手に席を立ち写真も撮った)

日露外相会談の最中でも,ラブロフ外相は “情報”を得ていたのだ。
そして,ザハロワ女史が送・受信したMSGで,ラブロフは「ある重大な話」は避けた…,と。

しかし,それでも,米国戦争屋はソレを察知して,安倍の訪露をツブしたのである。 委細は追々ということで,ここで一応の結論。

日本に巣食っている米国戦争屋は…,
ロシアの保養地・ソチでのプーチン・安倍会談を,何としてもツブしたかった!

それは,いったい,如何なる理由,どんな“読み” だったのか?

超簡単に言えば…,
それは,日露間の『秘密協定』である。(委細は後日に)

安倍総理は世界一の大馬鹿首相なので,世界一の軍帥(ぐんすい)に,コロリ騙される! こう米国戦争屋は読んだのである。

おっと。ここで間違いに気づいたので訂正させて下さい。
超美人のザハロワ報道官は,この美貌でした

以上,訂正して,お詫びは誰にしてE~のか? 分からないので…
しません。
飯山 一郎(70)


2016/04/18(月)3  ラブロフ露外相 ノ~ホ・シャブシャブ
鷲の同志が潜入
但馬屋
☆ 15日夜,日露外相会談を終えたラブロフご一行様は,急遽借り切った銀座・但馬屋に乗り込んだ。
☆ これを警護する護衛SPの数は,ゆうに100人を超え,但馬屋は警護の精鋭たちで満杯。
☆ 店内は,外交と諜報のプロたちが携帯で何やらカニやらを発信しまくる声で騒然。
☆ 印象に残った会話は「プレジデント・オバマが何たらカンたら…」というロシア訛りのA語だった,と。
☆ 「ロシアの諜報部員たちの電話作法は,どうやら盗聴を前提に話す最高級の話法だ」 とも。
☆ ラブロフ御大は奥の個室で,大使級の人物たちと悠々とノ~ホ・シャブシャブに舌づつみ!だった,と。
☆ 一方,ロシア外務省の大物・ザハロワ情報局長は,ロシア大使館員をはじめ,プーチンが東京に配置した忍者たちに高度な戦略について説明していた…らしい。
☆ 忍者やクサの連中は,やはり,クレムリンのトップに直々に会えたので,いたく発奮したんだろうな。
☆ ソレが,じつは,ラブロフとザハロワの最終目的だったのだが…成功したようだ。
☆ さぁ! いよいよ,日本列島を舞台にして,米国戦争屋とロシア諜報員たちとの死闘が始まるぞ!
☆ 「盗聴を前提に話す最高級の話法」とは,「敵に聞かせて,逆に混乱させる情報発信の話法」だそうだ。学びたい。
☆ なお,マリア・ザハロワ女史は但馬屋とは別の場所で会議をしていた。

フクイチの巨大デブリが露天臨界したままだと,(日本人の絶滅は既定だが)やがて世界人類が滅亡してしまう。

このまま放っておけば,アメリカ人も激減するが,ロシア極東部,中国沿海部もヤバイ!

フクイチの巨大デブリを鎮圧出来るのはプーチンのロシアだけだが,問題は時期だ。

フクイチが鎮圧されたあとの日本列島は,必ず,ロシアが実効支配することになるからだ。

だから,いま,アメリカは猛烈に抵抗しているのだ。

プーチンは,あと1年くらいは,待てる。
淡々と見ていればE~。余裕だ。
飯山 一郎(70)

放射能が降り積もる東北で
汚水浸水した場所で
脳卒中が通常の4倍!

これを平然と「
災害によるストレス」と
のたまう

非常識バカデミズムと
ダマスゴミ
カルト新聞。

こんなクソくだらない官僚行政独裁植民地なら

それこそ粛清は簡単!!!

「あらーん、また自称エリートがストレス死、お仕事大変ね♪」で
済むからねーーー💓



日本は毎日が
モクモク曜日



コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか