米ポチCIA VS 親露新CIA

 
2016/04/15(金)3  飯山一郎の「突拍子発言」で…
アクセス炎上寸前?!
ワシのサイト(『てげてげ』,『文殊菩薩』)が,昨夜の9時頃から今まで,アクセス数が炎上気味に激増してる!鼠~知らせが入ったんだが…,ワシには心当たりがないww

昨夜の11時代の1時間は,なんと4~5万ぐらいの大量アクセスがあった!ともいう。

 ・ 『田母神タイ~ホのウラ情報』 (記事1)
 ・ 「ガン細胞は,免疫力を上げる有益な細胞!」 
(記事1) (記事2)

上のような,「誰も知らない情報」を書いたからかな?
何か,突拍子もない発言に,みんなビックリしてるんだろ~。

こゆ時は…,
「お騒がせしました。申し訳ありません _(..)_
とかと,殊勝なコトを言うべきなんだろ~が…(爆)
飯山 一郎(70)


2016/04/15(金)4  田母神逮捕:闇は深い
闇に光を当てる!
田母神逮捕! このウラには巨大な闇の勢力の影が垣間見える。その影に最もオビえているのは,ニッポンの総理大臣・安倍晋三だ!という見方がある。どういうことなのか? 少し光を当ててみよう。
JCIA
2013年12月,安倍晋三の官邸は念願の「日本版NSC(国家安全保障会議)」(初代局長:谷内正太郎)を設立した。
次の悲願は,米NSCが直轄するCIAのような「諜報機関」の創設である。
安倍晋三も菅義偉も,この悲願については,国会や記者会見で何度も口にしている。

日本が“普通の国”になるためには,諜報機関の存在は重要だ
これは川上高司拓殖大学教授のコメント。
ロイターはこうした考え方を,「新たな対外諜報機関は、安倍首相が作り上げようとしている安全保障の枠組に不可欠なものだ」 とした。
諜報能力強化を目指す日本の動きを,安倍首相が掲げる「戦後レジームからの脱却」の一つ日本の悲願として捉えている。

米NSCが直轄するCIAのような「諜報機関」の創設!
これは安倍晋三の悲願であった。

この「悲願成就」の第一歩は,2013年12月の「日本版NSC(国家安全保障会議)」(初代局長:谷内正太郎)を設立であった。

タボはるな同じ2013年12月,都内で開かれた政治団体の忘年会で田母神と湯川遥菜は固く握手!
この後…,
2014年1月,湯川遥菜,民間軍事会社を設立。
遥菜は,
極貧から民間軍事会社の社長へ
大金が湯川の口座に入ったからだ!

このあと,湯川遥菜は後藤健二と共に,中東一帯を派手に飛び回る。大金=多額のカネがあったからだ。

このカネだが…,いったい誰が出したのか?

先ずは田母神が(選挙資金の一部を)出したのだが…,
せいぜい2~3千万円。

2014年1月に湯川遥菜が民間軍事会社を設立して都内に豪華な事務所をつくった資金と,後藤健二と一緒に世界中を飛び回った資金。この総計は軽く1億円を超える。

この大金の謎は…,
トンでもない奴に機密費を出してしまった…」 と悔やむ男の存在を考えれば,すべての辻褄が合う!

この全貌は…,
いま,東京地検特捜部(CIA)がアバこうとしている。

田母神は,全貌を話す「説明責任」を,いま,果たしている。
留置場のなかで…。CIAに対して。
安倍晋三の悲願を白状している。
飯山 一郎(70)


2016/04/15(金)5  サインを見誤ると…
角栄みたいにアベはツブされる
安倍晋三総理が「日本版CIA」を創設する野心を持っていることを,『スプートニク』(=プーチン)は,昨年の夏(08/01)には見破って記事にしていた!(記事)

これに先立つ7月7日,国家安全保障会議(NSC)の谷内正太郎国家安全保障局長がわざわざモスクワに行き,ロシアのNSCに対して何事かを説明している。(記事)

このとき,「日本版CIA構想」についての説明をし,「指導」を受けていた!となると,谷内正太郎は東京地検(CIA)に追いつめられる。

アベがこれ以上ロシアに接近することをCIAは絶対に許さない!
これがタボ逮捕のサインだ。

『スプートニク』(プーチン)も,近々,サインを出す。
飯山 一郎(70)


齋藤隆博 WIKI

さいとう たかひろ
齋藤 隆博
職業 検察官

齋藤 隆博(さいとう たかひろ)は日本検察官。現東京地方検察庁特別捜査部長中央大学法学部卒業。[1]

東京地方検察庁特別捜査部副部長のときに、陸山会事件の捜査の一翼を担ったものの、当時の部下であった田代政弘らと共謀して虚偽の捜査報告書を検察審査会に提出し、小沢一郎の起訴相当議決をさせたとして、偽計業務妨害罪健全な法治国家のために声をあげる市民の会から告発された[2]。しかし、齋藤は不起訴 となった[3]



米ポチ東京地検特捜部&警視庁が
雇われSNSワーカー使って
内乱おこしてぐちゃぐちゃにしようとしたのは

すっかりロシアにばっればれで呆れられちゃって

という感じのようですが

とりあえず、難しい事は
おっさんたちにまかせておいて

ゴシップ的には

呪い殺してやりたい

元東京地検特捜部の弁護士のクライアントが
逆告訴されると、
Twitter上に複アカで
「カス野郎!!!」
「呪い殺してやりたい」
と、延々と逆切れ書き込みさせることが

ディペートなんですか???

ていうか、公判中なのに
すげー強気ですね。
これ、有利になるのかいね?

ていうか・・・

雇われSNSワーカーは
とことんデマを好き放題書ける
東京地検特捜部のお墨付きあるわけ?

事実を書くと言うと
「検察に喧嘩売る気か!!!」
とかって、言われた人いるんですがぁ。

すっげーーーーーーー
不公平感を感じる。

事実をありのままに伝えるのが「報道」だぞ。
デマを垂れ流す自由なんて
憲法は保障していないぞ!!!

ある意味、東京地検特捜部が
野次馬根性丸出しのバカ主婦たちにとって
とってもみぢかな存在になりつつある
バカッターわーるど。

チェックチェック~

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか