発酵日本人育成企画「ねじり歩き」

 
2016/04/14(木)  考え方を変えて生き延びる!
我利我利で生き残れ!
この国は,危険環境下で生き残ることだけを考える最終期サバイバルの時代に入りました! 
下の文章を熟読し考え方・生き方を点検して下さい。
以前は自分だけ幸せになって良いのか?などと馬鹿な事を考えたりしましたが、先ず自分だけで良いのです。

逆を言えば、他人の人生を幸せに出来るかな? などという傲慢な考えは捨てましょう。

強いて言うならば、自分がより良いと考える事をし続けることのみが、他人に影響を与え得るのだと思います。
上の文章は,関西に移住した山本ドクターの主張です。(記事)
非常に覚めた考え方です。覚醒者の正論です。
学ぶべき,真似るべき生き方です。
ですから,学んでください。真似てください。
いまは,サバイバルしか無いのですから…。
飯山 一郎(70)


2016/04/14(木)2   メタボビクス・ウォーク
腸は蠕動運動だ!
小腸は免疫力の源流だ!(記事) 玄米乳酸菌や豆乳ヨーグルトを摂取すると免疫細胞が増える。もっと増やすには,腸の蠕動(ぜんどう)運動を促進すること。
それには,腰と腹をネジって腸を動かす歩き方を実践すること。先ずは下の歩き方をヤッてみて猪!
ねじり歩き
腕を左右に振って,腰と腹をネジって腸を動かしながら歩く! 腸をネジる! という意識をもって歩く!
これを中国人は昔からヤッてきた。われわれも真似しよう。
50回を1セットとして、1日に1~3セットぐらいヤって下さい。
必ずや腸が活発に動き出して,免疫細胞が激増します! とにかくヤッてみて猪~大寝!>皆の衆


小腸は免疫力の源流だ!(記事) ではガン細胞の真実を書いた。
ガン細胞ってのは増殖エネルギーが大きく,元気一杯の細胞だ。
元気なガン細胞を喰ったマクロファージは,さらに元気になる!
だからガン細胞は,免疫細胞を元気にし活性化するために,毎日一定量がつくられている。
人間の身体は無駄なことはしない。
毎日1万個近いガン細胞が出来るのも人体の正常な機能なのだ。
ただし!
核燃料の金属微粒子(ホットパーティクル)を5年間も吸ってしまった!という深刻な問題がある。

体内に溜まったホットパーティクルが発射する放射線(とくにガンマ線)によってガン細胞が激増していることだ。

その数たるや,毎日数十万個~数百万個!
これは平常時の1万個/日の数十~数百万倍のガン細胞が出来てしまう!ということだ。

だっからワシは,ガン細胞を貪食するマクロファージを意識して大量につくれ!と叫んでいるワケなの蛇。

そのためのメタボビクス・ウォーク(腸をヒネりながら歩く!)なの蛇!
飯山 一郎(70)


2016/04/14(木)3 【肝心要】 体内に蓄積した核金属の微粒子
腸内の発酵が基本!
ガンの原因は,たった一つしかない。
テロメアと名づけられた遺伝子が破壊された細胞はガン化する!
ガン細胞が出来てしまう原因はこれ一つだけなのだ。
(記事)

そしてガンの原因物質は,三種しかない!
活性酸素,ウイルス,放射線.この三種だけだ。
(記事)

ちなみに,「発ガン物質」と言われる物質は,ガン細胞をつくる直接的な物質ではない! 機序の説明は,ココに明確に書いた

さて,本題に入る。

ガンの原因物質(3種類)のうち,大問題は放射線だ。

放射線を発射する放射性物質は2種類あって,一つは自然由来の放射性物質だ。この代表格はカリウム40だが,これは大して有害ではない。

有害も有害!殺人的な猛毒性を有するのは,フクイチのデブリ(地下に沈んだ放射性物質の団塊)が噴射している放射性物質だ。なぜか?

それは,臨界して超高温になったデブリの核物質が蒸気化し,核金属の微粒子(ホットパーティクル)になり,それが吸気によって体内に入ってしまったからだ。これは殺人的な内部被曝だ。

この5年間に,体内に蓄積されたホットパーティクル。
この核金属の微粒子による内部被曝で日本民族は絶滅する!
これが世界の識者の常識だ。

いま,日本人の体内に蓄積したホットパーティクルが,ありとあらゆる体細胞を破壊している。

そうしてすでに,ありとあらゆる放射線障害による疾病が其処此処で発症している。

日本民族は絶滅する!と書いたが…,体内にホットパーティクルを抱えた日本人は,以前の日本人ではない!

ハッキリ言おう。
死に損なっているだけだ。遅かれ早かれ,みんな死ぬ。

その意味では,日本人らしい日本人は,牛~ゐない!
すでに日本民族は消えたのだ。
日本国,日本政府なんてのも,骸骨みたいな形骸でしかない!

日本人らしい日本人。それは腸内が発酵している日本人だ。
これが約8百万人~9百万人ほどゐる。
この発酵日本人が,新しい日本を,必ず! つくる。

飯山 一郎(70)




哲学の散歩道を
自分で作って
腸をねじりながら
あるくのだーーー


2016/04/15(金)  腸ひねりが超だいじ!
小腸をネジって免疫力倍増!
ヒマをみては,腸をネジる運動をする。すると,必ず免疫力が倍増! いや,何十倍にも増えます。
H1 H2
左は『立って上体ひねり体操』,右は『座って上体ひねり体操』
写真は日本健康運動研究所様のサイトから借用
前回は,歩いて腸をネジる写真を載せた。(記事)
今回は,歩かずに,室内で腸をネジっていうる写真を載せた。

日常生活で、立っていて時間のある時、例えば朝のちょっとした時間、信号待ちの時間、その他、わずかな時間を見つけて上肢と下肢をねじり体操をヤロ~な!

また,日常で座っている時、例えば仕事の合間の小休止や、車の運転の信号待ちの間、テレビを見ている時のCMの間などに、上肢と下肢をねじる体操をヤルべな!

このところ,ワシは画期的な理論を書いてきた。
  • 免疫細胞は小腸付近で生まれ,ガン細胞を食って元気になる!

  • ガン細胞は,免疫細胞を元気にするための有益な細胞なのだ!(記事)

  • 福島のホットパーティクル(核燃料の金属微粒子)は,ガン細胞を桁違いに激増させる(記事)

  • その対策は乳酸菌の摂取でマクロファージを増やして免疫力を上げる以外にない。

  • マクロファージの倍増策として,腸をネジる運動で腸を元気にすることが大切だ!(記事)
上の理論・理屈は暗記するほど読んで猪~大寝!>皆の衆
とにかく,腸ひねりは超だいじだ。>ご町内の皆様 
飯山 一郎(70)

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか