原発ムラの下請け「裁判所」



 原発企業に天下ったのは味村氏だけではない。
同じく三宅氏のレポート(「週刊金曜日」2011年10月7日号)でも
司法関係者の原発企業天下りが紹介されている。

・野崎幸雄(元名古屋高裁長官) 北海道電力社外監査役
・清水湛(元東京地検検事、広島高裁長官) 東芝社外取締役
・小杉丈夫(元大阪地裁判事補) 東芝社外取締役
・筧栄一(元東京高検検事長) 東芝社外監査役・取締役
・上田操(元大審院判事) 三菱電機監査役
・村山弘義(元東京高検検事長) 三菱電機社外監査役・取締役
・田代有嗣(元東京高検検事) 三菱電機社外監査役
・土肥孝治(元検事総長) 関西電力社外監査役

 ようするに、樋口裁判長とは真逆に、
原発容認の決定を下したりなどすれば、
裁判官たちには天下りというご褒美があるということらしい。

これでは、司法の独立どころか、
裁判官や検事までが原発企業の利益共同体、
原発ムラの一員だったということではないか。


http://linkis.com/ameblo.jp/ghostripon/OYTop


ぎのごちゃんのたぐいまれなる
優秀なエージェントによると
おばはんのおっぱい見たさに
意味不明な許可を出した
ぼけなす裁判官がいるとかいないとかwww

ほんま、終わってる国に
似つかわしいゴシップですな。

まあ、政財界ご用達
ヒルズやり部屋お塩事件の時に
もうこの国は、崩壊しててんけどねーーー

その勢いのままフクイチ大爆発に突入し
日本崩壊どころか
ウォール街大暴落へと突入

腐った世界原爆政府なんぞ
とっとと終わっちゃえーーー

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか