ノータリングリッシュ

 
2016/04/09(土)3  ブロークン・イングリッシュ
人間がブロークンだと…
昔,「パングリッシュ」という英語(米語)があった。
これは,戦後の米軍占領時代に日本人娼婦(「パンパン」と言われた)が「お客」の米軍兵士に話していた英語だ。
そういう悲しい時代だった。今も悲しい時代だが…

「ブロークン・イングリッシュ」というのは,ワシみたいに阿呆でブロークンな人間が使う破茶目茶なA語だww

「フレンチングリッシュ」は,英語をフランス語みたいにシャベる話法で,ワシの悪友は,コレでアメリカ娘を口説いていたwww

きょう,ワシは『放知技』の仲間に注意された。
「飯山さん,タックス・ヘブンではなく,タックス・ヘイブンだよ!」

なるほど! 調べたら,そのとおりだった。
なので,ワシは即座に謝った。
花子さん。貴女が正しい!
私は,昔から「税金を払わないで済む天国!(ヘブン)」だと思い込んでいました。(爆)
私の友人(米国人)も…,
「ネヴァダ州はタクスヘブン!カネ持って来い!」と言うし。
すみませんでした _(..)_
「アイ アム ソーリ,ヒゲソーリ,バカナソーリハ アベソーリ」
てな冗談ではなく…,本気で謝ってます。 
(記事)
そ~ゆ~ワケで,「タックス・ヘブン」は間違いでした。
勉強になりました。 ありがとう!>花子さん
飯山 一郎(70)


日本語の長文を正確に要約できないノー足りんが
ましてや英文を日本語に要約もでるはずもなく
原文と全く別の内容にしてしまう英語力を
ノータリングリッシュといふ。

日本はノータリングリッシュで
溢れかえっています。

生きた英語というより
逝った英語というかんじ

英語の教科書がイカサマだからね
イカサマ英語で日本人は言語機能がイカレちまってるぅ

日本植民地まるごと、精神異常者状態

フクイチのモクモクが見えないんだもんー

安倍死に像総理は日本人の鏡だね

異常者と健常者が逆さまのリアルカフカ劣島
世にも奇妙な物語


コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか