脱税より、税でテロするダメリカ政府が悪い

 
2016/04/09(土)2  「義憤」にかられて憤慨しまくり
3千兆円が租税回避!
「タックスヘブン」では税金がかからない。

だから世界中のカネ持ち連中が合法的にタックスヘブンに資金や資産を移している。その総額は,3000兆円以上!

日本の上場企業やカネ持ちも積極的にヤッている。

租税回避には犯罪性がないからだ。

アメリカでは,ネヴァダ州、サウスダコタ州、ワイオミング州、デラウェア州などが課税が完全に免除されるタックスヘブン(租税回避地)となっている。

ところが今,アメリカのマスコミは「租税回避をヤッた“悪い政治家たち”を糾弾する大キャンペーン」を,なぜか?必死でヤッている。

その結果,アイスランド首相が辞任に追い込まれ,今度は英国のキャメロン首相が派手に“攻撃”されている。(下の写真)

最終目標は,プーチン露大統領だ。見ものである。(爆)
Cameron
「プーチン攻撃」は,すでに始まっている。
最初は…,
「プーチン氏の友人が2200億円もの租税回避」と報道された。
しかし実際は「友人」でも何でもない。
クレムリン主催の音楽家・芸術家の会合に何度か出て,プーチンと「友人関係」になっただけ。
ところが…,
いつしか「友人」が「プーチン側近」に変わった。
そうして…,
「プーチンの代理人」に変わってきた。
さらに,
「プーチンの署名があった!」 というデマ記事をドイツのゴロ新聞などが書きまくって…
「アイスランド首相も辞任したんだからプーチンも辞めろ!」
という“世論づくり”に↑アメリカのメディアは大忙し。

ロイター通信などは,『パナマ文書』にはプーチンの名前が一切出てないのに,サリゲな~くプーチンの写真を載せている。 (写真記事)
ロイターも,まったく,えげつない記事を配信するもんだが…,それほど偽ユダ金はアセッている! 鼠~コトだ。
いっぽう,プーチンは涼しい顔である。
飯山 一郎(70)


世界を弾圧する
グローバル原爆マフィア政府が
カツアゲした税金で
正義ぶりっ子でテロの限りをつくしておいて

自分たちの脱税リストは出さないで
新秩序メンバーたちが脱税してる!つったって

「おまえのおつむ、虫わいとんか?!」です。
「バカ主婦にまで、バレとんぞ!」です。
「フクイチの永久凍土に埋められろ!」です。

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか