世界はダメリカンスピリット粛清に向けて

 
2016/04/04(月)  露米の議員が大規模な会談を6~7月に
今夏は潮の変り目!
露米の上下両院議員が6~7月頃に大規模な会談を予定している,と。これは「今夏が潮の変り目になる」という兆候の一つだ。本年,世界は良い方向に大きく変わる。日本は悪い方向に大きく変わる。
SPUTNIK
露米の議員、大規模な会談を6月から7月頃に予定
握手
『スプートニク』 2016年04月03日 http://sptnkne.ws/aX4s
露米の上下両院の議員が6月から7月頃にかけて大規模な会談を予定している。

2日、露上院国際委員会委員長のコサチェフ氏が露上院議員と米下院議員の会談後に話した。

「今日の会談には満足しており、対立や傲慢さといったものは見受けられなかった」とコサチェフ委員長は強調した。
5月末の伊勢サミットは大波乱。夏の参院選は大混乱! という予測もある。ま,マトモな選挙にはならんだろう。
飯山 一郎(70)



2016/04/04(月)2  ウソを信じる者が多すぎる!
「田布施」説は単なる仮説!
田布施 明治維新の頃から日本の政治を支配してきた!という「田布施グループ」。
明治天皇にスリ替わった大室寅之祐も「田布施グループ」の出身!といった鬼塚英昭氏などの仮説がネットでは大ヒット。落合莞爾氏までが「堀川攻略」なる仮説で「明治天皇替え玉説」を補強する始末。

 ワシも,じつは,まだ半信半疑なのだが(爆),しかし,「田布施グループ」という強固な支配勢力がいる!という鬼塚説は,眉唾(まゆつば)だ。

 戦後の岸信介・佐藤栄作の日本支配はCIAの強力な日本支配策の一環で,長州閥とか田布施は関係ない
 伊藤博文は超大物だったが…,それ以外の「田布施グループ」の者は,“日本の支配者”などでは断じてない!

 つまり「田布施グループ」の日本支配説は,鬼塚英昭氏の単なる仮説にすぎないのだ。ワシは信じない。

 「田布施」なんぞ足元にも及ばない地域が日本には幾つもある。たとえば愛知だ。戦国の三傑,織田信長・豊臣秀吉・徳川家康は三人とも愛知だった。

 それだけではない。加賀前田・岡山池田・広島浅野・彦根井伊等々の有力大名は,みな愛知出身だ。

 この「愛知集中」は決して偶然ではなく。戦争のない国家を希求する時勢が,地の利のある愛知を求めたのだ。

 幕末維新では,薩摩・長州に人材が輩出した。これも,幕藩体制から西欧列強に対抗できる近代国家をつくらん!とする時勢が,適地である薩摩・長州を選んだのだ。

 さて,今の時勢…,いかなる人物が求められているのか?
ワシが思うには,時代・時勢は,日本人には何も求めていない!ということだ。

 何しろ,日本列島そのものが,人間が住める土地ではなくなった!のだから。

 死ぬ者は早く死ね! 生きたい者は必死で生き延びろ! これが時代・時勢の「声」なのだ。

 とにかく生き残れ! 生き延びろ!>皆の衆
飯山 一郎(70)
【感謝】 本稿を書くにあたり,『國の礎』誌の城戸周彦先生の『時勢の力』
     という名論説を引用させて頂きました。

アメリカの中の
ダメリカンスピリッツ

ダメリカンドリームで一獲千金「強奪自由主義」

アメリカを見下す「不自由の女神」

小国を「愚民化植民地」

日本は骨の髄まで
ダメリカンが思っていた以上に
ダメダメ奴隷汚染列島

排除に向けて世界は準備をしていた
本家アメリカもダメリカを追い出す

日本はおつむがアレすぎて
まともな会話にもならず

村八分劣島へ

どんだけ霞が関のダメリ官僚のオツムがあれで
まったく言語がおかしいかは
「半沢直樹」でばればれ。

終わってんの、すでに。
この国は。

手っ取り早く終わらせるために、
マジで隕石落ちるかもね!

NASAにちーっと電話しようかいね?

「あーもしもしーぎのごちゃんですぅー。
全然ダメダメじゃったー。
まともな日本語が通じんのんよぉ。
ほいでから、小さい隕石一個、落としんさい」


さあ、除湿器と空気清浄機と、
豆乳ヨーグルトと
おらびき茶と
乳酸菌風呂で
自分の体を鍛えておこう。

ロシアで熊
ペットにできるまで!!!

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか