プーチンと愉快な仲間たち

 
2016/03/28(月)2 手柄,名誉,賞賛なんてのは,俗物の雑念だ!
手柄をアサドに与えたプーチン
シリア軍がパルミラを完全に解放した。その影ではロシア軍が暗躍=活躍していたが,手柄はアサドとシリア軍のものだ。この時を見越してのロシア空軍の早めの撤退!プーチンの采配は「お見事!」 と言うしかない。
SPUTNIK
シリア軍、パルミラを完全に解放!
パルミラ
『スプートニク』 2016年03月27日 http://sptnkne.ws/aUQb
シリア政府軍はパルミラの街をダーイシュ(IS、イスラム国)から完全に解放した。軍部の情報をもとにAFPが伝えた。

「夜間の激戦の末、軍がパルミラを完全に制圧した。歴史地区も、住宅地も、両方だ」

シリアに6つあるユネスコ世界遺産の一つ、パルミラ遺跡のあるパルミラは、5月半ば、武装勢力のコントロール下に入り、古代の遺跡や寺院が破壊の脅威にさらされていた。
その影でロシア軍兵士が暗躍=活躍




パルミラ奪還を受けプーチンはアサドに祝電!




次は,パルミラから約160キロ北東にあり、ISが「首都」と称するラッカ攻略だ。その足がかりは出来た! と『文殊菩薩』にも書いた(記事)が,ラッカ攻略はISの衰退ぶりからして,パルミラほどの難関ではないだろう。(飯山一郎)

好き嫌いは別にして…,プーチンの戦い方! これ以上の「喧嘩」や「外交」の教科書,お手本はないだろう。

それよりも,プーチンだけの軍帥,軍略家,政略家であれば,極東,とくに日本の問題(フクイチの鎮圧)にも大変なパワーを発揮するはずだ。

このことがあるので,ワシはプーチンを注目しているのだ。

プーチンが好きの嫌いのと言ってるのは,ただの阿呆だ!
飯山 一郎


2016/03/29(火)4 プーチン,オバマ,ケリー,ラブロフは同志!
なぜこんなに仲がE~の?
ケリー国務長官の今回の訪露は,従来のような緊張は無し!今や米露の政府首脳は対戦争屋勢力との闘争において味方同士=同志なので,当然だ。
SPUTNIK
ケリー長官のスーツケースは「プーチン氏と私だけのヒミツ」
仲
『スプートニク』 2016年03月25日 http://sptnkne.ws/aUrn
ケリー米国務長官はプーチン大統領との会談に持ち運んだスーツケースの内容について、「これはプーチン大統領と私しか知らない秘密です」とだけ語っている。

プーチン大統領はケリー長官との会談の冒頭で長官のケースについてジョークを飛ばしている。
「あなたが飛行機を降りる時、自分で荷物を持つのを見て、誰も信用できないのかと思った」,「重要問題の取引のために金が入っているのではと考えた」などと冗談を述べ、和やかな雰囲気を演出した。

24日、プーチン大統領はケリー長官をクレムリンに迎えた。この会談はラヴロフ外相も出席し、4時間にわたって行われた。ラヴロフ外相の声明によれば、会談の内容は主に国際問題、シリア紛争、ウクライナ危機。
露米1 露米2 露米3 露米4 露米5
米露が“同志会談”』に,
「アメリカ国内は戦争屋(軍産勢力)と,オバマ&ケリーの非戦・反戦派が衝突して内乱状態。ロシアは実際は反戦国家なので,ケリーとロシア首脳の会談は“同志会談”だ」と書いたが,そのとおりの同志関係であることが上の写真を見れば分かると思う。

露米の政府首脳の非常に友好的な関係は,世界にとって,とくに日本にとっては大変E~ことだ。希望がわく話だ。
ジャパン・プロブレム(フクイチ問題)があるので…
もし,米露中が国家を挙げて協力すれば…,フクイチのデブリの臨界と核燃料微粒子の噴出は解決できる!
こんな夢のある話はない。
飯山 一郎(70)


日本ってまじ
世界から
相手にされてないよね


コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか