核の冬に咲いた花

 
2016/03/26(土)3  志布志の桜は今だにツボミ
「核の冬」…鴨
志布志は南国だが,今春の寒さは異常だ。今だにサクラがツボミのまま,咲かないのだ。日本蜜蜂たちも,寒さのため分蜂ができず…,可哀想だ。
今だに蕾
「サクラ咲く」,「サクラ散る」。様々な電信が飛び交えど…
南国志布志は「サクラ咲かず」。不吉な思いが脳裏をよぎる。
飯山 一郎



2016/03/26(土)4  ひとりしずかに静御前を想う
ひとりしずかは悲哀花
ひとりしずかが咲きました
ひとりしずか「ひとりしずか」を咲かせたのは志布志の大手,『うえはら電機』の会長。会長は九州随一の植物分類学者で,自宅の近隣に広大な「野草自然植物園」をつくり,希少種や絶滅危惧種を丹念に育てている奇特な御仁だ。

「ひとりしずか」は静御前に由来する。源義経の側室だった静御前は時義経の子を宿していたが,嵐の海で悲運の別れ。頼朝は女子なら助けるが、男子なら殺せと命じる。静は男子を産んだ。赤子は取り上げられ由比ヶ浜に沈められた…。 

飯山 一郎



コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか