金融ボンバー

 
2016/03/21(月)  金融爆弾の威力は,核爆弾より上!
ロシアの金融爆弾
ロシアはサウジを凌ぐ世界一の原油・天然ガスの輸出国である。原油は下落したが,カネはある。
「ロシアにはカネがない。戦費も尽きた!」などという評論家が日本には多いが,盲目である。信用しないほ~がE~。
SPUTNIK
ロシア、1年で米国債保有額を150億ドル増やす
『スプートニク』 2016年03月16日 http://sptnkne.ws/aRbp
2015年1月から2016年1月までの期間、ロシアは米国債への投資額を147億ドル増やした。これによりロシアの保有する米国債額は1年前の822億ドルから969億ドルとなった。この数値は米財務省の各月に出す報告書で明らかにされた。

世界最大の産油国・ロシアは金持だ。だから米国債を買い増した。
しかし,ロシアがアメリカの国債を買い増した目的は,金融爆弾だ。
一朝有事の場合,ロシアはアメリカの国債を一斉に売り払う!
あるいは「売り払う!」と宣言する。 その総額,10兆円!
これで,アメリカ国際市場は大混乱! 株式市場も暴落だ。
これは,まさに金融爆弾・金融ミサイルなのだ。
アメリカは,軍事技術・軍事力の面でもロシアに完敗している。
こんどは,金融・経済面でアメリカはロシアに急所を握られた!
アメリカは,あらゆる面で,世界覇権を失った!
以上が現在の世界の政治・経済・金融・軍事の実態である。
飯山 一郎




どっかーーーん!!!

コメント

コメントの投稿

なかのひとがぁ~
いやぁ~ん
無料アクセス解析
フリーエリア
なか